ここから本文です

ジャック・ホワイトが語る、ザ・ラカンターズ再結成からディランとの交流まで

7/21(日) 11:30配信

Rolling Stone Japan

ホワイト・ストライプスの過去のライブ音源、ザ・ブラック・キーズとの和解、ボブ・ディランとの親交について、ジャック・ホワイトが率直な言葉で、ローリングストーン誌に語ってくれた。

写真2点:ジャック・ホワイトが語る、ザ・ラカンターズ再結成からディランとの交流まで

2018年発表のワイルドなソロ作『ボーディング・ハウス・リーチ』を完成させた後、ジャック・ホワイトは自らに課していたプレッシャーを取り払うことにした。彼が思い立ったのは、もう1人のフロントマンであるブレンダン・ベンソンを含むデトロイトのミュージシャン仲間たちと共に、ザ・ホワイト・ストライプスが解散する直前の2006年に結成したバンド、ザ・ラカンターズを再始動させることだった。前2作はファンの間でも好評を博したが、ルーズなガレージサウンドとホワイトの攻撃的なヴォーカル、そしてスイートなベンソンの歌声は、新作『ヘルプ・アス・ストレンジャー』でも健在だ。ナッシュヴィルで電話取材に応じてくれたホワイトは、ベンソンについてこう語る。「やつは正真正銘のシンガーだからね。俺とは違ってさ」
 
今作ではホワイトがセンチメンタル気味な曲を歌い上げている一方で、ベンソンはよりロック寄りの曲でヴォーカルを務めている。「互いに変な競争意識を持ってないところがいいんだよ」ホワイトはそう話す。「互いを刺激し合うことで、どちらも自分の限界に挑もうとする。そういうプロセスを何度も繰り返すんだ」そういったホワイトの目論見は功を奏し、同作は今週のRolling Stone Top 200 Albumsチャートで首位を獲得した。

ーラカンターズの前作がリリースされたのは2008年ですが、以降あなたが経験した人生における最大の変化は何でしたか?

当時の俺は結婚してて子供もいたけど、今は独身だ。かと思いきや、俺以外のバンドのメンバーはみんな結婚したんだから不思議なもんさ。俺たちみんな10歳年をとり、ミュージジャンとしてのキャリアは25年に達した。俺は昔インテリアショップをやってて、仲間と一緒に時々ライブもやってた。とにかく音楽が好きで、音楽だけで生計を立てることを夢見ていたけど、絶対無理だと思ってた。そんな自分がプロのミュージシャンになって、しかも10年以上も続けられているなんて、マジで奇跡的なことなんだよ。世の中をまんまとだましてやったって感じさ。

ーナッシュヴィルではどのような日々を送っているのでしょう?

そうだな、今はツアーの最中だから、家で過ごせる時間を大事にしようとしてるよ。大抵は子供たちと一緒にいるね。俺は自分が興味を持てるプロジェクトを常に模索してるんだ。しばらく温めてるインテリア関連のプロジェクトもそうで、ツアーから戻ってくるたびに少しずつ進めてる。もちろんThird Man Recordsの運営もそのひとつで、デトロイトに自社のレコードプレス工場も建てた。今年リリースされるラカンターズの7インチ、サブスクリプション式のThe Vaultのアナログ盤、インディペンデントのレコード店だけに卸す限定盤のプレスとか、忙しく稼働してるよ。今はとにかくクリエイティブなムードに満ちてて、その気になればいつだってThird Manのアート部署に行って18時間くらいぶっ通しで働くことだってできる。毎日無数のレコードが刷られてるあの空間を、俺はすごく誇りに思ってるんだ。

ーあなたは先日、ホワイト・ストライプスとして活動を始める前に在籍したWayne State Universityから名誉学位を授与されましたが、どう感じましたか?

仮に世界中のあるゆる大学から名誉学位をもらえたとしても、俺はWayne Stateを選んだだろうね。すごく誇りに思ってるよ。俺のことを知ってくれてたってだけで光栄なのにさ。授与式の舞台が俺が昔食器を片付けてたあの建物の中だったってことも感慨深かったね。

俺があそこに通ったのは1学期だけなんだ。映像のコースを取ってて、いつも学生会館でランチを食べてた。その何年か後に、そこでホワイト・ストライプスのライブをやらせてもらったよ。A/V部の部員にマイクを立ててもらったんだけど、そいつが全くの未経験者で、6本のマイクを横並びに、しかも全部機材に向けて立ててた。あの時のことはよく思い出すよ、マジで可笑しかったからね。横一列に並べたマイクを全部機材に向けるなんて、マジで天才的なアイディアさ。一体どんな音が録れるのか、いつかレコーディングで試してみないとな。

1/4ページ

最終更新:7/21(日) 11:30
Rolling Stone Japan

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Rolling Stone Japan vol.06

CCCミュージックラボ

vol.06
2019年3月25日発売

1000円(税抜)

特集:HYDE
ヒプノシスマイク
モーニング娘。’19 ライブの舞台裏
特集「今のポップシーン」の主役たち

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事