ここから本文です

【J1採点&寸評】札幌5-2湘南|大勝の札幌。頼れるエースFWが2得点でMOM!

7/21(日) 6:30配信

SOCCER DIGEST Web

札幌――白井が湘南左サイドの杉岡を抑え込み攻撃の起点に!

【チーム採点・寸評】
札幌 6.5
立ち上がりは相手に押され気味だったが、そこからしたたかに得点を重ねて試合を自分たちのものにした。内容としてはシンプルに前線に放り込みがちではあったが、相手の特徴などを考えると的確な戦略だったと言える。
 
【札幌|採点・寸評】
GK
25 ク・ソンユン 6
ファインセーブも多かったが、失点シーンではあまりにも簡単にボールをファンブルしてしまった。
 
DF
3 進藤亮佑  6.5
肝心なところでいいポジションにいる、この選手が持つ攻撃面での嗅覚がしっかりと表れた先制ゴールだった。
 
20 キム・ミンテ 6
攻撃を組み立てる部分では拙さが出てしまっていたが、相手に押される中でしっかりと跳ね返していたのはさすが。
 
5 福森晃斗 6.5
先制点を呼び込む高精度なフィードはあまりにも見事だった。動きにもキレがあり、調子が上がっているように見える。
 
MF
19 白井康介 6.5(86分OUT)
相手の杉岡を上回るパフォーマンスを見せていた。ジェイの得点もアシストし、調子はうなぎのぼりか。
 
27 荒野拓馬 5.5(82分OUT)
積極性は評価したいが、ボールを持った後の精度や、セカンドボールの予測に関してはもの足りなかった。
 
10 宮澤裕樹 5.5
攻守のバランスをとることを重視していた印象だが、相手のハードな寄せに臆してしまっていたようにも見えた。
 
4 菅 大輝 6
相手のサイド攻撃に対して献身的にプレーをしていた。目立たずも、的確に仕事を果たしていた印象あり。

【北海道コンサドーレ札幌PHOTO】4試合ぶりの勝利に選手も笑顔!

札幌――苦しい時間にジェイが2得点

 
9 鈴木武蔵 6
献身的なプレスバックで守備面に貢献。攻撃では精度を欠くも、総合的に見れば悪くないパフォーマンスを見せていた。今日の試合展開では点を決めたかったか。
 
18 チャナティップ 6
攻撃に切り替わったタイミングでカウンターの起点となった。後半中頃まではボールを持った後のプレーにズレがあったものの、最後の最後でダメ押しのゴールをゲット。相手が疲れてきたタイミングでのドリブル突破はもはや圧巻と言うべきか。まだまだコンディションはベストではない様子だが、それでも迫力のあるプレーを披露。
 
FW
48 ジェイ 7 (74分OUT)
2得点に加え、ハイボールやロングボールに対するプレーで圧倒的な質の高さを見せていた。
見事な活躍と評するより他はない。
 
交代出場
FW
11 アンデルソン・ロペス 6.5(74分IN)
高さではジェイに及ばずも、さすがの決定力を見せつけた。ボールを持ち運ぶプレーも力強さがあった。
 
MF
14 駒井善成 5.5(82分IN)
まだまだ慣らし運転という印象は否めないところ。ここから着実に試合勘などを高めていきたい。
 
MF
7 ルーカス・フェルナンデス ー(86分IN) 
プレー時間が短かったため評価が難しいが、攻撃に厚みをつけていたとは言い難い。イージーなパスミスもあった。
 
監督
ペトロヴィッチ 6.5
アバウトに蹴り合う局面も多かったが、そのなかでシチュエーションに適したメンバー選考をしていた印象。勝利に導いた。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

1/2ページ

最終更新:7/21(日) 9:23
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事