ここから本文です

【J1採点&寸評】名古屋2-2G大阪|90+1分に同点弾!復帰戦で結果を出した宇佐美をMOMに

7/21(日) 6:00配信

SOCCER DIGEST Web

名古屋――現実的な戦い方を見せたが…

 [J1リーグ20節]名古屋2-2G大阪/7月20日(土)/豊田スタジアム
 
【チーム採点・寸評】
名古屋 5.5
スタイルを貫きつつもかなり現実的な戦い方を見せた試合だった。しかし、如何せん失点の仕方が悪く、せっかくのリードも土壇場で失う戦いぶりは厳しい見方もできる。ポジティブな面も多い中で、チームは次の一手をどこに打つか。
 
【名古屋|採点・寸評】
GK
1 ランゲラック 5.5
2失点はしたものの、まともに対応したシュートに対しては特に問題なし。1失点目はやや後手に回った感があり、そこだけは残念だった。

【名古屋2-2G大阪】ハイライト動画&詳細マッチスタッツ

DF
34 藤井陽也 6
大抜擢に溌溂としたプレーで応えた。高卒ルーキーとは思えない強心臓ぶりも随所に発揮し、宇佐美やアデミウソンといった名手たちを向こうに回しても全く物おじするところがなかった。
 
20 中谷進之介 6
3バックの中央で最終ラインの指揮を執り、懸命に守備陣を支えた。その中での2失点は無念だろうが、守備を怠ることなく攻撃にも関わっていった終盤のプレーは出色のものがあった。

36 太田宏介 5.5
新天地デビューは惜しくも勝点1の結果に。セットプレーで可能性を見せたほか、初めてという3バックも無難にこなし、上々の名古屋デビューを飾った。最終局面の直接FKを決めていれば、まさにヒーローだった。

MF
6 宮原和也 6
右ワイドのポジションで精力的に攻撃と守備のタスクをこなし続け、もはや持ち味となったペナルティエリアへの飛び込みで勝ち越しゴールもマーク。2失点目に絡んだのは残念だが、それでこの日の彼のプレーの価値は下がらない。
 
21 エドゥアルド・ネット 6
先制点の起点となるインターセプトからの突破は見事。今日はポジショニングも非常に高く、攻守にわたって敵陣でのプレーが多かった。

8 ジョアン・シミッチ 6
E・ネットとのバランス取りを重視した動きでゲーム全体のリズムもうまく作っていった。勝ち越しを狙う後半の流れの中ではもう少しシュートが欲しかったところだが。

1/3ページ

最終更新:7/21(日) 6:04
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事