ここから本文です

【J1採点&寸評】神戸0-2横浜|ハイプレスが機能しイニエスタも輝いたが… 形勢を変えた横浜エースFWを最高評価!

7/21(日) 8:11配信

SOCCER DIGEST Web

神戸――要所で得点が奪えず流れを手放す羽目に

[J1リーグ20節]神戸0-2 横浜/7月20日/ノエスタ
 
【チーム採点・寸評】
神戸 5.5
前半はハイプレスが機能したが、得点が奪えず。逆に38分に失点。後半は数的優位を生かせずに3連敗となった。

【動画】E・ジュニオが得点ランク単独トップの11点目! イニエスタ&ビジャの好連係も… 神戸vs横浜戦ハイライト!


【神戸|採点・寸評】
GK
1 前川黛也 5
エジガルにボールを奪われ、そこから失点という痛恨のミスを犯した。後半には仲川の突破に対してPK を献上した。
 
DF
22 西 大伍 5.5(79分OUT)
前半は遠藤のマークに追われて攻め上がれず。90分を通じ何度かチャンスメイクしたものの、パスの供給が少なく、持ち味を出しきれず。
 
25 大﨑玲央 6.5
トップのエジガルをマークしながら、左SBティーラトンや2列目のマルコス、遠藤らのケアも。守備面では及第点。
 
15 宮 大樹 6.5(79分OUT)
前半から気持ちの入ったプレーを見せた。特に高い位置にいる扇原にまでプレスをかけるなど、豊富な運動量でディフェンスを統率した。
 
19 初瀬 亮 5.5
22分にドリブルで持ち上がり、28分にはイニエスタとのワンツーで抜け出すなど積極的に攻撃参加。だが、守備では仲川に苦戦。
 
MF
5 山口 蛍 6
前半は遠藤やマルコスらをうまく潰しながら、西への効果的なサイドチェンジも見せた。後半立ち上がりにはインターセプトから得点チャンスも。
 
8 アンドレス・イニエスタ 6.5
後方からゲームをコントロールし、前線にも顔を出すなど精力的に動いた。42分頃のダブルタッチからのシュートは見事だった。

神戸――再三のチャンスメイクも得点につながらず

MF
35 安井拓也 6(70分OUT)
前半は相手DFや扇原に激しくプレスをかけ、チャンスを広げた。54分頃にはビジャとのパス交換で抜け出し、惜しい場面も。
 
16 古橋亨梧 6
豊富な運動量で攻撃を牽引。2度ほど決定機を作ったが決めきれず。59分には鋭いドリブルでチアゴを一発退場へと追い込んだ。
 
FW
7 ダビド・ビジャ 6
左サイドを起点に果敢にドリブルで仕掛けた。後半アディショナルタイムに古橋の決定機を演出するなど存在感を示した。無得点が残念。
 
17 ウェリントン 6
チアゴの堅い守備に苦戦し、なかなかボールを収めきれず。チアゴ退場後も伊藤に最後の最後で阻止された印象。
 
交代出場
MF
27 郷家友太 6(70分IN)
安井と交代でピッチへ。そのままトップ下あたりに入り、守備では貢献したものの、攻撃面ではなかなか存在感は示せず。
 
13 小川慶治朗 6(79分IN)
西と交代で右SB へ。長い距離を走って右サイドを攻め上がったが、ティーラトンにうまく処理された。
 
MF
21 田中順也 6(79分IN)
宮と交代。トップに入って得点を狙い続けた。89分頃にビジャのスルーパスを受けてシュートなど惜しい場面は作った。
 
 監督
トルステン フィンク 6
前線からプレスをかけ、前半は主導権を握る。プラン通りに行くかと思われたがGK前川のミスで難しい展開に。試合内容は悪くなかった。

1/3ページ

最終更新:7/21(日) 8:11
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事