ここから本文です

「傑作の匂い」「3部はとても小さな舞台になる」マドリー・デビューを飾った久保建英をスペイン有力紙が絶賛!

7/21(日) 16:08配信

SOCCER DIGEST Web

デビュー戦で上々のパフォーマンスを披露!

 日本サッカー界期待の俊英がレアル・マドリーでの第一歩を踏み出した。

 現地7月20日、アメリカ・テキサス州ヒューストンで行なわれたインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)でバイエルン・ミュンヘンと対戦したマドリーは、1-3で敗れた。

【動画】久保建英がバイエルン戦で鮮烈デビュー! 堂々たるプレーを連発!

 これが今夏最初のプレシーズンマッチとなったマドリーは、前半の45分間は新加入エデン・アザールを含む現時点でのベストメンバーでスタメンを構成。そして、迎えた後半開始と同時に人員を総入れ替えし、新戦力のルカ・ヨビッチやロドリゴらとともに日本代表FW久保建英が移籍後初の実戦デビューを飾った。

 ニ列目で起用された久保は、ファーストタッチで鋭くサイドへ抜け出すて得点機を演出。さらに62分には絶妙のポジショニングから味方のパスを引き出してヴィニシウス・ジュニオールに見事なスルーパスを供給するなど、存在感を示した。

 チームを勝利に導けなかったが、強敵バイエルンを相手に上々のデビューを飾った久保に、スペイン・メディアも賛辞を贈っている。

 マドリードに拠点を置くマ『Marca』は、そのパフォーマンスを次のように絶賛した。

「久保のボールコントロールは壮観で、ゲームを見る力は際立っている。彼にとってセグンダB(実質3部)はとても、とても、とても小さな舞台だ。彼はマドリーにとって傑作となる匂いを漂わせている」

 1年目の今シーズンは2部B所属のBチームでプレーする見通しとなっている久保だが、今後も周囲を唸らせるようなアピールが続けば、トップチームへの早期昇格という道筋も見えてくるはずだ。そのパフォーマンスからはますます目が離せない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

最終更新:7/21(日) 17:59
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事