ここから本文です

【J1採点&寸評】清水0-2FC東京|スーパーゴールで流れを変えた大森晃太郎がMOM!ドウグラスの一撃を好守で阻んだ林彰洋も高評価

7/21(日) 20:34配信

SOCCER DIGEST Web

清水――序盤のリズムを活かせず2試合連続無得点

[J1リーグ20節]清水0-2FC東京/7月20日(土)/IAIスタジアム日本平
 
【チーム採点・寸評】
清水 5.5
立ち上がりは非常に良かったが複数あったチャンスを決めきれず、ワンチャンスから先制されて大きくリズムを崩した。後半は攻撃で良い形が作れずに2試合連続無得点。

【動画】大森のゴラッソで先制! 永井が今季7点目 清水vsFC東京ハイライト

 
【清水|採点・寸評】
GK
1 西部洋平 5.5
前半の悪い流れを断ち切れずに2失点。ただ決定機を止めたシーンもあり、個人としてのプレーは悪くなかった。
 
DF
18 エウシーニョ 5.5
攻撃では良い形を何度か作ったが、2失点目では痛恨のクリアミス。対面の小川に突破を許すシーンもあった。
 
2 立田悠悟 5.5
相手2トップに粘り強く対応したが、間合いを空けすぎた面もあり、押し込まれる場面が多くなった。
 
26 二見宏志 5.5
1対1の守備では破綻はなかったが、失点後はチーム全体で受け身になり、持ち味の前に出る守備は生かせず。
 
25 松原 后 5.5
立ち上がりのシュートなど積極的な仕掛けを見せたが結果にはつなげられず、サイドで主導権を握られる時間も増えた。
 
MF
22 ヘナト・アウグスト 5.5
序盤はボールを奪って良い攻撃につなげるシーンがあったが、1失点目でミスからピンチを招き、リズムを崩した。
 
6 竹内 涼 5(67分OUT)
1失点目では大森のシュートを阻止できず、その後に崩れたリズムを司令塔として取り戻すことができなかった。

清水――前線は決定機を決め切れず、後半は良いところなく…

MF
17 河井陽介 5.5(80分OUT)
序盤は彼らしく効果的にボールに絡む場面も多かったが、チームの流れが悪くなったなかで失点後は埋没。
 
23 北川航也 5.5
チャンスメイクでは良い働きを見せたが、自身の決定機は決めきれず、シュートもその1本に終わった。
 
16 西澤健太 5(HT OUT)
攻撃でチャンスを演出するシーンが少なく、セットプレーでも決定機を作れず、前半のみで交代。
 
FW
49 ドウグラス 5.5
アクロバチックなバイシクルシュートに凄みを感じさせたが、FC東京の守備陣に競り勝つ場面は少なく、後半はシュート0本。
 
交代出場
FW
20 中村慶太 6(HT IN)
4-1-4-1の左ワイドに入り、前からの精力的な守備や積極的な仕掛けを見せ、セットプレーでもチャンスを演出。
 
MF
7 六平光成 5.5(67分IN)
左インサイドハーフに入り、3バックになってからはボランチに。奮闘するも大きな仕事はできず。
 
MF
34 滝 裕太 -(80分IN)
3-4-2-1のシャドーとして入り、懸命にボールを追いかけ続けたがチャンスには絡めず。
 
監督
篠田善之 5.5
良い入り方をさせることには成功。リズムを崩した中で交代カードを切りながら後半頭から4-1-4-1、終盤は3-4-2-1へとシステム変更したが、効果は薄かった。

1/2ページ

最終更新:7/21(日) 20:34
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事