ここから本文です

悶絶パヤノ、ネリの衝撃ボディ被弾で肋骨痛める 「医師の見解を得るつもりだ」

7/21(日) 16:03配信

THE ANSWER

ネリにKO負けのパヤノ、最後の左フックで肋骨に異変

 ボクシングの前WBC世界バンタム級王者で同級1位ルイス・ネリ(メキシコ)が20日(日本時間21日)に同4位フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)と米ラスベガスで対戦。WBCシルバータイトルがかけられた一戦は、ネリが9ラウンドKO勝ちでデビューからの連勝を30(24KO)に伸ばした。ボディーブローで沈んだパヤノは肋骨を痛めたことを明かしている。

【動画】このネリの左ボディでパヤノの肋骨に異変が…! 最後は仰向けになり悶絶の表情、衝撃KOの一部始終

 元スーパー王者の意地を見せた。パヤノはネリを手数で上回り、序盤はポイントを取った。しかし、パワーで上回る若いネリに対し、徐々に劣勢に。最後は9回、1分43秒。コーナーに詰められ、強烈な左フックをボディに食らい、悶絶。大の字になって、終了のゴングを聞いた。

 ネリのボディショットで、パヤノは右の肋骨を痛めていたようだ。米スポーツ専門局「ESPN」フィリピン版によると、パヤノはこう振り返っている。

「問題は修正した。しかし、どこからともなく左フックが来て、肋骨に当たった。昔にルーシー・ウォーレン戦で折ったことがある。肋骨に関しては医師の見解を得るつもりだ。しかし問題がなければ、歩みを進めていく」

 過去にもダメージを抱えていたという肋骨を直撃したネリの強烈なボディショット。これにより戦闘続行不可能となったが、診断の結果次第でトレーニングを再開する意欲を示している。

THE ANSWER編集部

最終更新:8/3(土) 1:52
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事