ここから本文です

【世界水泳】日本、女子400mリレー7位 池江不在も予選日本新、青木智「来年につながる大会」

7/21(日) 21:47配信

THE ANSWER

世界水泳開幕、女子400mリレーの日本は7位でメダルならずも五輪内定

 世界水泳(韓国・光州、テレビ朝日系で独占中継)の競泳が21日に開幕し、女子400メートルリレー決勝では日本(青木智美、白井璃緒、佐藤綾、大本里佳)は3分36秒79の7位となり、12位以内に与えられる東京五輪出場権を内定させた。午前の予選では、昨年8月のジャカルタ・アジア大会での日本記録を0秒35上回る3分36秒17をマーク。アジア大会で第1泳者として牽引した池江璃花子(ルネサンス)が、白血病の闘病で不在の中、代表権を勝ち取ったメンバーが底力を見せていた。

【画像】今大会のヒロイン候補? 「可愛すぎて、ずっと見ていられる」と女子選手もうっとり…代表内で「美人さん」1位の声が上がる22歳・大本里佳

 青木智は「予選で更新した日本新を更新して順位も上げてと話していたけど、いい波を与えられなかった。でも、東京五輪の出場権を得て、日本新記録も出て来年につながる大会になった」、佐藤は「緊張もあったけど、しっかり結果を出した。2本ともに53秒で泳げたことは良かった」と話した。白井は「決勝でタイム上げること目標にしていた。でも、4人で頑張れたのは今後につながる」と言い、大本は「明日、自分は1本なので自己ベストでメダルを獲れるように」と意気込んだ。

THE ANSWER編集部

最終更新:8/3(土) 1:52
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事