ここから本文です

久保建英、レアルデビュー戦の評価は? “2位タイ”で海外激賞「すでにBチーム超え」

7/21(日) 20:10配信

Football ZONE web

ICCバイエルン戦、26番久保は後半から出場 ヴィニシウスのチャンスを演出

 今夏、FC東京からスペインの名門レアル・マドリードに移籍した日本代表MF久保建英が上々の“レアルデビュー”を飾った。トップチームの北米ツアーに帯同している18歳の日本人アタッカーは、現地時間20日(日本時間21日)に行われたインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)初戦バイエルン戦で後半から出場したなか、海外サイトからチーム内2位の高評価を与えられ、「すでにカスティージャ(レアルBチーム)のレベルを超えている」と絶賛されている。

【動画】「すでにレアルBチーム超え」と海外絶賛! レアルデビューの久保建英、圧巻スキルで局面打開――相手2人翻弄ドリブルの瞬間

 久保はベンチスタートとなるも、0-1と劣勢で迎えた後半にジネディーヌ・ジダン監督は11人を総入れ替え。「背番号26」を背負った日本人アタッカーもピッチに送り出され、“白い巨人”でのデビューを飾った。その後も何度もボールを呼び込み、パスを散らしながら攻撃を組み立てた。

 後半17分には、敵陣中央でボールを受けた久保がスルーパスを供給。ブラジル人FWヴィニシウス・ジュニオールがゴール前に走り込んでチャンスを作り出したが、これは惜しくもゴールとはならなかった。

 バイエルンのフランス代表MFコランタン・トリッソに先制点を決められ、後半にもポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキ、ドイツ代表MFセルジュ・ニャブリに被弾。レアルはMFロドリゴが一矢報いるも1-3で敗れた。

久保のプレーを海外はどう見たか? 「恐れずにプレーし、とても自然で流動的だった」

 この一戦でレアル側の選手を採点したのが、米スポーツサイト「SB NATION」だ。

 チーム内最高評価の「8」を得たのは、新加入のベルギー代表MFエデン・アザールで「彼は前半のマドリードで最も危険な攻撃者だった。彼はまだ周囲と連係の構築中で、化学反応はこれからと言えるが、それでもポジティブな兆候だった」と賛辞を送っている。

 次点でベルギー代表GKティボー・クルトワ、ドイツ代表MFトニ・クロースが採点「7」で並んだが、そこに肩を並べたのが後半45分間プレーした久保だ。記事では次のように絶賛している。

「恐れずにプレーし、とても自然で流動的だった。ロドリゴらとともに中盤の高い位置を取った。たびたび中盤の深い位置まで下がって、プレーの経由を助けた。すでにカスティージャのレベルを超えている」

 ICCではアーセナル(現地時間23日/ワシントンDC)、アトレチコ・マドリード(26日/イースト・ラザフォード)とも戦うなか、久保への期待は高まる一方だ。

1/2ページ

最終更新:7/21(日) 20:29
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事