ここから本文です

ユベントス、C・ロナウドがゴールもケインのスーパーゴールで逆転負け。デリフト&ラビオがデビューを果たす

7/21(日) 22:35配信

フットボールチャンネル

【ユベントス 2-3 トッテナム インターナショナル・チャンピオンズ・カップ】

 インターナショナル・チャンピオンズ・カップ(ICC)のユベントス対トッテナムが現地時間21日にシンガポールで行われた。試合はトッテナムが3-2で勝利した。

【写真】世界No.1は当然…! プレイヤー能力値ランキング(1位~50位)

 新指揮官マウリツィオ・サッリの初陣となったユベントスはパリ・サンジェルマン(PSG)から復帰したGKジャンルイジ・ブッフォンがスタメン入り。アヤックスから加入の注目の19歳DFマタイス・デリフトはベンチスタートとなっている。対する昨季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準優勝のトッテナムは、韓国代表FWソン・フンミン、イングランド代表MFデル・アリなどがスタメンに名を連ねた。

 トッテナムが最初にチャンスを作る。4分、スキップが相手陣内でマテュイディにプレスをかけ、ボールがこぼれると、ボールを拾ったパロットがペナルティエリア左のソン・フンミンへパスを供給。ソン・フンミンは縦に仕掛け、左足でシュートを放つもブッフォンに防がれた。

 前半はトッテナムがボールを保持する時間が続く。すると30分、トッテナムがセンターライン付近でボールを奪い、カウンターを発動。パロットが右に開いたソン・フンミンにパスを供給。そのまま相手陣内へ侵入すると、ペナルティエリア左からオーバーラップしたパロットへパス。パロットは中央へグラウンダーのパスを送るが、ブッフォンが弾く。だが、こぼれ球をラメラが押し込み、トッテナムが先制となった。

 後半頭から両チームは選手交代。ブッフォンなどが交代となったが、今夏フリーでユベントスに加入したアドリアン・ラビオが入り、ユベントスデビューを果たした。さらに、チェルシーから復帰したFWゴンサロ・イグアインも投入された。

 すると56分、ロナウドが左サイドで中央のピャニッチにパス。ピャニッチはイグアインに縦パスを送り、イグアインはベルナルデスキとワンツー。ペナルティエリア右からシュートを放ち、ゴールに突き刺した。ユベントスが後半早い時間帯に同点に追いついた。続く60分、左サイドからのグラウンダーのクロスをロナウドがダイレクトで合わせ、追加点を奪った。

 逆転に成功したユベントスはついにデリフトを投入する。63分にボヌッチに代わってデリフトが入り、ユベントスでのデビューを果たす。デリフトはモウラの突破を阻むなど、1対1の強さを見せた。

 逆転を許したトッテナムは同点ゴールを奪う。65分、こちらもトッテナムデビューとなったMFタンギ・エンドンベレが、ペナルティエリアに侵入したFWルーカス・モウラにスルーパス。モウラはダイレクトで合わせ、ゴールに突き刺した。

 後半ATにケインがスーパーゴールを叩き込む。センターライン付近でモウラがラビオからボールを奪うと、こぼれ球をケインがダイレクトでシュート。飛び出していたGKヴォイチェフ・シュチェスニーの頭上を越え、ゴールに吸い込まれた。

 これで試合は終了し、3-2でトッテナムが勝利した。

【得点者】
30分 0-1 エリク・ラメラ(トッテナム)
56分 1-1 ゴンサロ・イグアイン(ユベントス)
60分 2-1 クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)
65分 2-2 ルーカス・モウラ(トッテナム)
90+3分 2-3 ハリー・ケイン(トッテナム)

フットボールチャンネル編集部

最終更新:7/21(日) 22:37
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事