ここから本文です

「1人で僕はできると思っている」宇野昌磨、自分のスケートを探しに。

7/21(日) 9:01配信

Number Web

 決意の込められた言葉だった。

 「おそらくですが、シーズン、1人で行くんじゃないかと思います」

【厳選写真】宇野昌磨、数々の演技と真剣な表情。

 7月15日、全日本合宿での取材で、フィギュアスケートの宇野昌磨は、今シーズン、新たなコーチを決めずに臨むことを明らかにした。

 ここまでの経緯を振り返りたい。

 長年、グランプリ東海で山田満知子、樋口美穂子両コーチのもとでスケートに取り組んできた宇野が、自身の公式サイトである発表をしたのは、6月3日のことだった。

 「この度、私、宇野昌磨は長年お世話になっていたグランプリ東海を卒業いたしました」

違う環境にしたほうがいいんじゃないか。

 6月からはロシアで合宿を敢行。迎えた全日本合宿で、あらためて語った。

 「満知子先生には『離れた方がいいんじゃないか』とお話をいただいて。小さいときから、お互いに知りすぎて、先生と選手以上、家族のような中でやってきた中で、だからこそいいところも悪いところもあるんじゃないか、違う環境にしたほうがいいんじゃないか、と」

 その言葉が、きっかけだった。また、樋口コーチの言葉も後押しになった。

 「これからもいちばん応援する、どんな形になっても応援するから、がんばってください、と言っていただきました」

 離れる要因には、昨シーズンの世界選手権で4位にとどまったこともあると想像されたが、宇野はそれを否定する。

 「世界選手権があったから先生のもとを離れたわけではないです。毎年、僕は成績を出せるように強い思いは持っています。ただ今年は、成績も出したいですが、自分のスケートをとにかくみつけたい、探したいなと思います」

ランビエールのもとで練習。

 そんな内面に気づいての、山田コーチの言葉だったのかもしれない。

 宇野は、新シーズンについても触れた。9月、スイスのステファン・ランビエールのもとで約2週間練習。海外に行く予定はその1回。

 「(拠点は)今のところは中京大学。今後どうなっていくか分からないですが」

 ジャンプに関しては「1カ月に数回、(関西大学コーチの)本田武史先生に来ていただいています」と語った。

 また、昨シーズンに続き、出水慎一トレーナーにも見てもらうことになるという。ただ、あくまでも、常時見てもらうコーチは不在のまま過ごす見通しであると明かす。

 「海外に拠点を置くと決まったわけではないですし、なかなかみつかるものでもない。今シーズンはメインコーチを置くつもりはないので、おそらくですけど、シーズン、1人でいくんじゃないかと思います」

1/2ページ

最終更新:7/21(日) 9:56
Number Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sports Graphic Number

文藝春秋

984号
8月8日発売

特別定価620円(税込)

<夏の奇跡の物語>甲子園旋風録。

【スペシャルインタビュー】 吉田輝星「金農旋風のど真ん中で」
【密着ドキュメント】 佐々木朗希「2つの大船渡旋風」

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事