ここから本文です

子供をお小遣いで釣ると成績アップの効果 あげる最適タイミングは?

7/22(月) 16:00配信

マネーポストWEB

 少子化ではあるものの、大学全入時代に突入し、受験人口は増加の一途を辿っている。都市部を中心に、中学受験も市民権を得て久しい。

 受験の世界では、よく「夏を制する者は受験を制す」や「夏は受験の天王山」といわれる。実際、東進ハイスクールの調査によれば、難関大学に合格した高校3年生の夏の平均勉強時間は、なんと8時間を超える。やはり、40日以上の長期にわたって時間が取れる夏が重要だということには根拠があるようだ。

 もちろん朝から晩までねじり鉢巻きでガリガリ勉強する子供は昔もいたが、その中身は今の親世代のそれとは激変している。特に2021年から大学入試センター試験に代わって始まる新しい共通試験「大学入学共通テスト」では、求められる内容がガラリと変わる。

 センター試験は知識や技能が問われる問題が大半を占め、マークシート式で行われていたが、新テストでは知識や技能に加えて、思考力や判断力、活用力などが重視された試験になるのだ。

「わが子にもなんとか“できる子”になってほしい」と考えるのは親の常だが、そんな切なる思いでとった行動が、実は子供にとって“NG行動”に該当するかもしれない。「頭がいい子」の定義は時代とともに変わるのだ。

 子供の教育上“ご褒美”で釣るのは禁じ手のように思われがちだが、実は“アリ”だということも近年の研究で明らかになっている。

 2011年に発表された米ハーバード大学のローランド・フライヤー教授らによる大規模実験の結果は、非常に興味深い結論になった。

「成績がよくなったら小遣いをあげる」というグループと、「宿題をしたら小遣いをあげる」というグループを比較したところ、いずれも成績を上げる効果があったうえ、特に顕著だったのは後者だった。つまり、どうせ小遣いを与えるなら、「30分勉強したらあげる」という与え方のほうが、より効果が期待できそうだということになる。

 プロ家庭教師集団「名門指導会」代表で塾ソムリエの西村則康さんも自らの経験を振り返ってこう話す。

「確かに子供には、結果ベースよりも、努力したことに対するご褒美が効くように思います。ただ、ご褒美には耐性がつきやすく、ありがたみが薄れやすいので、いつでも使える手ではない。それより『今30分頑張ったからチョコをあげるね』というようなサプライズ的プレゼントの方が、喜びも加わって、いいやる気のコントロール法になると思います」

 モノで釣るにしても、“釣り方”を間違えてはいけないようだ。

※女性セブン2019年8月1日号

最終更新:7/22(月) 16:00
マネーポストWEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事