ここから本文です

「7月22日はナッツの日」みんなが笑顔になる「クリームパスタ」の理由とは?

7/22(月) 5:00配信

商業界オンライン

  7月22日はナッツの日。

 ナッツの王様、アーモンドはその健康効果からヘルシーなおやつとして人気です。最近では、現代の食生活にマッチした「第3のミルク」として「アーモンドミルク」も売れています。その理由は低カロリー、低糖質、コレステロールゼロ。

 カロリーは牛乳の4分の1、豆乳の3分の1以下。糖質はコップ1杯 200ml当たりわずか1.0gと牛乳の10分の1、豆乳の6分の1。その上、コレステロールゼロとダイエットに役立つことは明らかです。

牛乳アレルギーの代替ミルクとして広く活用 日本では美意識の高いセレブ層を中心に広がり、ダイエットミルクとしてイメージが強いアーモンドミルクですが、古くからアーモンドが食べられてきた欧米では早くから研究が進み、「牛乳アレルギーの代替ミルク」として普及しました。

 加えて最近では美肌やアンチエジング、生活習慣病予防に関して注目されています。また、動物性の食材を摂取しない菜食主義のベジタリアンやヴィーガンにも支持されて、アメリカでは豆乳を上回る人気になっています。

日本人に多い、お腹がゴロゴロする乳糖不耐症 牛乳を飲むと消化不良を起こしてお腹がゴロゴロしてしまう人、いますよね。これは小腸で乳糖を分解するラクターゼが不足して起こります。日本人は子供だけでなく成人した大人にも乳糖不耐症が多いといわれています。

 人気のクリームパスタ、味は好きで食べたいけれど牛乳を使っているのでお腹がゴロゴロしてしまうので食べられない。特に外食は怖い……という人も多いはず。そんな人でも安心して食べられる、生クリームの代わりに「アーモンドミルク」を使ったクリームパスタがあるんです!

こだわりのお野菜を食べてきました!

「美と健康は食事から」をコンセプトに自慢の野菜をふんだんに使ったお野菜カフェの「Mr.FARMER」に行ってきました!

 「Mr.FARMER」2014年11月に1号店である表参道本店がオープン。今回伺った表参道店を加えて、現在5店舗を展開。店名には、全国各地の契約農家さんが作ったこだわりの野菜をおいしく召し上がっていただきたいという想いが込められているそう。自慢の「サラダ」メニューに加え、動物性のものを一切使わない「ヴィーガンメニュー」や、鶏肉や卵白などの良質なタンパク質が取れる「パワープロテインメニュー」が豊富にそろいます。

「米国西海岸では、グルテンフリー、パワープロテインメニューなどは一時のトレンドではなく既に定着しており、ライフスタイルの選択肢として溶け込んでいます。日本にもこの文化を紹介し、健康的で環境にも優しく、そしておいしい食事を取ることで心も体も健やかに、ハッピーな人生を過ごしていただきたい」。お話を伺ったのは(株)イートウォーク商品開発部ブランドリーダー君和田雅行さん。

牛乳アレルギーでもOKのアーモンドミルクパスタ!アボカドとキヌアのアーモンドミルクソースのパスタ(サラダ・ドリンク付き1390円)

 「アーモンドミルクパスタ」と聞くと、美意識の高い都市部の女性が食べているのかと思いきや……。意外や意外、「ファミリー層の多い駒沢公園店や木更津店で、特に子供連れに人気」とのこと。

 クリームパスタは子供から大人まで人気のメニューですが、お腹がゴロゴロする人は食べることができません。しかし、このパスタはそんな心配いりません。

 今、子供のアレルギーが増えています。牛乳アレルギーに加えて多い大豆アレルギーの人もアーモンドミルクを使ったパスタなら大丈夫。お腹がゴロゴロしないで大好きなパスタを食べれたらハッピーですよね。子供が喜んで食べてくれると周囲も笑顔になります!

 アレルギー以外でも、ヴィーガン主義の人や健康上、動物性脂肪を控えている人も安心して、おいしく楽しめます。

 私も早速、試食してきました!

軽い!香ばしい!新感覚の病みつきパスタ! この日、パスタを作ってくれたのは料理長の近藤友一さん。登場したのはグリーン一色のスタイリッシュなパスタ! 美しい……。自家製ジェノベーゼソースの香りが食欲をそそります!

 このアーモンドミルクパスタ、驚くほど軽い! これなら胃にもたれず、ランニング前や後のリカバリーにも良さそうです。アボカドのコクをフレッシュな自家製のバジルソースが引き締めます。素揚げにしたキヌアがカリカリっとアクセントになって、病みつき。どんどんフォークが進みます。

 最近、あんなに好きだったカルボナーラが重たく感じている私にはうれしいクリームパスタを見つけました。40歳以上の皆さん、お薦め。どこか日本そばのような香ばしさと後味のすっきり感で、男性も好きなのではないでしょうか。

 自宅でも、アーモンドミルクは生クリーム感覚で使いやすくお薦めとのこと。ただし「乳化し過ぎない」ことが、アーモンドミルクの「軽さ」を生かすコツとのことなのでお試しください。

パスタに合わせるなら、スペシャリテ “COBBサラダ“MF COBBサラダ オーガニックアガベドレッシング1550円(税別)

  野菜は“畑の伝道師”の渡邉明さんが選んだ野菜を使用。全国約100軒の生産者さんから届く、厳選された自慢の野菜です。Mr.FARMERのメニューはこれらの野菜が主役となっています。

 そのこだわりは相当なもので、時間が許す限り、君和田さん自ら日本中を飛び回り、こだわりの生産者さんを“発掘“するそうです。

 豊富なサラダは季節により内容が変わり、ボウルにたっぷり入れたサラダはボリューム満点。それだけで立派なランチやディナーになるのが特長。中でも君和田さんのイチオシは、この“コブサラダ”です。

 とにかくMr.FARMERのおいしいものが“全部”入っているスペシャリテ。これだけの種類の野菜をそろえること自体がぜいたく。野菜だけでなく、その他の食材やドリンク、調味料も可能な限り、オーガニックをチョイス。化学調味料は使用せず、添加物も極力排除しています。

 コブサラダのサラダチキンもお店で手作り。君和田さんいわく、“手間が掛かるけれどおいしいから”とにっこり。おいしい野菜たちと“しっくり”くるのは、こだわったサラダチキンだからですね。

決め手のドレッシングは全て手作り  野菜だけでなくドレッシングにも並々ならぬこだわりが。素材に合わせて辛味・酸味・甘味をはっきり感じられ、最後まで飽きることなく食べられます。

 特に私はアーモンドミルクパスタにも使われていたジェノベーゼソースがイチオシ。グリーン感強めで、夏の疲労も吹っ飛びます。サラダだけでなくチキンやサーモンにもかけたらさぞかしおいしいのだろうと想像が膨らみました(これ持って帰りたい!と心で叫んでいました)。

子供に大人気の「アーモンドミルクスイーツ」 君和田さんいわく、「子供たちがすごく喜んで食べてくれるんです」と語るのが生クリームの代わりにアーモンドミルクを使ったプリンデザート。動物性食品を使っていないので、牛乳や卵アレルギーでケーキ類が食べられない、いつも我慢している子供たちにとっても喜んでもらえるそうで、笑顔が目に浮かびます。

 今はマンゴー。春はイチゴなど季節のフルーツを使う人気メニューだそうです。季節を感じる華やかなスイーツ、子供じゃなくてもワクワクします。

アーモンドミルクマンゴープリン 790円(税別)

 

1/2ページ

最終更新:7/22(月) 10:03
商業界オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

商業界オンライン

株式会社商業界

流通業界で働く人の
オールインワン媒体

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事