ここから本文です

松岡菜摘「空いた穴はみんなで埋める」 HKT48がツアー初日で見せた強い“意志”

7/22(月) 18:36配信

エンタメNEXT

松岡菜摘が語った意志

松岡菜摘がこれに続く。

「みんな同じ気持ちだと思うけど、鏡に向かってリハしてた分、こうやってみんなの笑顔を見て、楽しんでくれてるみなさんの顔を見ると、私は『卒業』の時にちょっと泣いちゃったんですけど。『卒業』で泣くかっていう感じなんですけど。でも、握手会とかで、さしこちゃんのファンの方も“莉乃ちゃんを卒業したけど、みんなにまた会いに行くよ”って言ってくれる方がたくさんいたりして。今日がみなさんのおかげで一人ひとりがちょっとした自信につながったんじゃないかなと思って。HKT48にとって今日はすごく大事な日になったんじゃないかなと、みなさんにすごく感謝した一日でした。これから多分みんなも上手にはできないことがたくさんあると思うんですけど、空いた穴をみんなで埋めつつ、穴なんて見えないようにみんなで頑張っていきたいと思うので(涙をこらえながら)、これからも応援よろしくお願いします(メンバー一同礼。場内拍手)」

夜の部には、(事実上の)植木南央の卒業セレモニーが行われた。本編ラストの『誰より手を振ろう』では、メンバーが順に植木を労うような演出がなされた。事前に聞いていなかったと思われる植木は思わず涙。この日でコンサートの出演は最後であることを知っているファンも「なおちゃんコール」で後押しする。村重はボロ泣きだ。

田中美久の言葉にもあったように、手弁当で作り上げたという充実感がメンバーにはあった。どの顔もいい顔をしていた。

夜公演の前、松岡菜摘、本村、田中美久、松岡はなの囲み取材があった。聞いてみたかったのは、1期生がどんな役割を果たしたか。そこを質問すると、やはりリハを中心になって引っ張っていったのは、松岡菜摘と本村だった。村重らが2人のフォローに回った。リハで演出家に怒られ、全メンバーが円になって話し合った際、中心になったのは両キャプテンだった。松岡菜摘はスタッフとメンバーの架け橋となった。本村は積極的に後輩たちへと話しかけ、意思疎通を図った。「みんなの意識が高くなった」(田中美久)という。

卒業前の指原は、「誰かが卒業すれば、誰かが穴を埋めようとするもの」と語っていたが、まさにその通りの展開になっている。ツアーは、新しいグループの形を作っていくにはとてもいい機会だ。

石橋颯のキックの音が客席には聞こえないため、その威力が伝わらず盛り上がりに欠けたなど、改善点はまだある(松村香織のケツバットがなぜ盛り上がるのか、参考にされたい)。だが、ツアーを通して直していけばいい。今のメンバーには現状を少しでも改善しよう、HKT48を終わらせてたまるかという強い意志がある。

犬飼 華

3/3ページ

最終更新:7/22(月) 18:36
エンタメNEXT

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事