ここから本文です

周りの迷惑にならないために……お出かけ先で愛犬に吠えさせないテク

7/22(月) 21:35配信

いぬのきもち WEB MAGAZINE

いつもの散歩もいいですが、愛犬と一緒にドッグランやショッピングモールに足を延ばすのも楽しい思い出になりますよね。しかし、気になるのが外出時のマナー。特に吠えると、周りの迷惑になってしまうので注意したいところです。今回は、外出時の吠え対策をご紹介します!

まずは「吠える対象」を愛犬よりも先に見つける

散歩中に犬が吠えるのは、警戒心や苦手な相手を追い払う目的が多いと言われています。これは、犬は自分のテリトリーに近づくものや正体不明なものに対して、不審がって吠えてしまうから。

いつも一緒に外出している飼い主さんなら、「男性が苦手」「体格差のある犬が苦手」など、吠える対象となる傾向は分かっていることが多いでしょう。もし吠える対象を発見したら、近づいてくる前に対処することが大切です。

「吠える対象」を愛犬が見ないようにする

吠える対象を見つけたら、まずは距離を取りましょう。離れていても吠えるのなら、その距離が不十分なのかもしれません。そんな時は別の通路に入るなどして、愛犬が対象を見つけないようにしましょう。

また、飼い主さんが吠えそうな相手との間に入って視界をブロックし、離れるのを待つことも有効です。相手が通り過ぎて、見えなくなるのを待ちましょう。

「おやつ大作戦」で「吠える対象」に背を向ける!

「犬が吠える対象となる相手を見せない」という意味では、カートの下におやつを入れて潜らせ、相手に背中を向けることも有効な手段です。背中を向けることで「敵意はない」というカーミングシグナル(ボディランゲージ)が伝わり、さりげなく通過してもらうことができますよ。

カートの屋根を閉めておくことも有効ですが、屋根がメッシュ性になっていて見えてしまうこともあるでしょう。そんなときは、飼い主さんのストールやスカーフでうまく隠してあげてください。

この作戦、愛犬と離れる時にも使えます!

この「おやつ作戦」は、飼い主さんがトイレに行っている間など、離れると吠えてしまうクセがある犬にも応用できます。飼い主さんが離れている間ずっと吠えていると、周りにも迷惑がかかりますよね。そんな時は、おやつで気を引いている間にこそっと姿を消しましょう!

1/2ページ

最終更新:7/22(月) 21:35
いぬのきもち WEB MAGAZINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

いぬのきもち

株式会社ベネッセコーポレーション

最新号を毎月10日前後に
ご自宅にお届けします

1,111円

愛犬のしつけ、健康など、役立つ情報満載。
調べてもはっきりしなかった疑問に専門家が回答!
雑誌&付録を毎月ご自宅にお届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事