ここから本文です

ポルシェ718 ハイパフォーマンスモデル版の予約受注開始 1215万円~

7/22(月) 6:40配信

Auto Messe Web

0→100km/h加速は4.4秒

 1996年に登場したミッドシップオープンスポーツカーがポルシェ・ボクスター。2代目ボクスターをベースに、2005年にクーペボディ化されてデビューしたのがポルシェ・ケイマンだ。2016年に登場した現行モデルは、718ボクスター/718ケイマンと名乗っている。

718スパイダーの車内【画像】

「718」とは、RRレイアウトの世界一有名なハイパフォーマンスカー、ポルシェ911の「911」に相当する数字と理解していい。そんなポルシェ718シリーズにハイエンドモデルが加わる。718ケイマンGT4とオープンモデルの718スパイダーだ。すでに7月19日から受注を開始している。

 ポルシェ911カレラ用のエンジンをノンターボ化した4リッター水平対向6気筒エンジンを搭載し、最高出力は420馬力を発生。ハイパフォーマンスモデルのGTSよりも55馬力も高出力となり、両車ともに0→100km/h加速は4.4秒。最高速度はケイマンGT4で304km/h、スパイダーで302km/hという、圧倒的パフォーマンスが光る。エンジン負荷が軽いときには片側のシリンダーを休止する「アダプティブシリンダーコントロール」を新搭載し、燃費性能の向上に貢献。6MTのみとなる。

 また、30mm車高が低くなる「ポルシェアクティブサスペンションマネージメント」を採用し低重心化、コーナリング性能を向上。ケイマンGT4では、空力特性も大きく改良され、空気抵抗はそのままにダウンフォースを50%増やすことに成功している。

 さらに718スパイダーには時速120km/hに達すると自動的にせり上がるリアスポイラーを装備。極めて高性能な718ケイマンGT4だが、サーキット走行などを考慮し、ロールバー、消化器、6点式シートベルトなどが装備される「クラブスポーツパッケージ」をオプションで用意した。

Auto Messe Web編集部

最終更新:7/22(月) 6:40
Auto Messe Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事