ここから本文です

【捨てるのはまだ早い!!】カセットテープ、MDをクルマで聴いてタイムトリップしよう!!

7/22(月) 9:00配信

ベストカーWeb

 クルマでカセットテープやMDを聞きたいけど、再生する手段がない、とお嘆きの貴兄に朗報!! 昔一生懸命録音してクルマで聴いたあの曲を再び聞くのは、アルバムをめくるのと同じように昔にタイムスリップできる。

 当記事では少数ながら今でも新品で買えるクルマ用カセットデッキとMDプレーヤーを紹介する。

文:永田恵一

絶滅状態だが絶滅したわけじゃない

 現在30代後半以上の人であれば音楽などを録音する媒体にカセットテープを、20代後半以上の人であればMDを使っていた時期があるだろう。

 しかし今や両者はパソコンで作れるCD-RやDVD-R、SDカード、USBメモリー、ハードウェアもデータを入れるだけのスマートフォンやデジタルオーディオプレーヤーに移行しており、絶滅状態である。

 カーオーディオもその動きに追従しており、純正品社外品ともに両者に対応したものを見つけるのは困難で、今では外部入力やブルートゥースだけでCDを入れるドライブすらないクルマも珍しくない。

 しかし、両者をまだ持っている人であれば、「昔録音した懐かしい曲やラジオ番組を聞きたい」という人も少なからずいるかもしれない。

カセットテープって何?

 1962年にオランダのフィリップスが開発したオーディオ用磁気記録テープ媒体。手軽に録音・再生できるカセットは当時は画期的だった。

 アナログなものだけに録音には音源そのものの時間が掛かる、1本のカセットテープではそのまま録音するか上書きするかしかできないので編集に時間が掛かる、選曲に時間が掛かる、テープが絡んだり切れたりすることがあると、現代のものに比べると非常に不便な媒体であった。

 しかし、レコードのような暖かみのある音質には捨てがたい魅力があるのも事実だ。

現在購入できるクルマ用カセットデッキ

MAX WIN
型番:1DNSP004
価格:1万5000円前後(インターネット通販などでの実勢価格)

 カセットテープの再生はもちろん、この商品は本体に2つのスピーカーも付いているので、スパルタンな軽トラックのようなスピーカーのないクルマでもそのまま使えるのが有難い。

 さらに外部入力やブルートゥースも装備しているうえに、スマートフォンなどと接続した際には一時停止などの操作が本体からも可能なのも嬉しい。

 AM&FMラジオも聞け、カセットテープ以外の媒体もUSBメモリーとマイクロSDカードに対応し、カセットテープの音源はUSBメモリーとマイクロSDカードへのデジタル録音が可能となっており、CDが聞けない以外はなかなか使い出のある充実したカーオーディオに仕上がっている。

ビートソニック
型番:HCT3
価格:4万~5万円(インターネット通販などでの実勢価格)

 すでに生産を終了しており、在庫のみの販売となっているようでインターネット通販での実売価格は4万円から5万円と高騰中!! 欲しければ急げ!!

 こちらもカセットテープの再生、AM&FMラジオに加え、USBメモリーやSDカードにも対応し、スマートフォンなどとの接続に使える外部入力も装備。

 カセットテープの再生には片面が終わった際に自動で裏返すオートリバース機能を備え、AMラジオをFMラジオのクリアな音で聞けるワイドFMにも対応するなど、一見アナログに見えるカーオーディオながら現代的に使える面も合わせ持つ。

1/2ページ

最終更新:7/22(月) 9:00
ベストカーWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事