ここから本文です

【ツール・ド・フランス2019】ピレネー最終日の第15ステージでS・イェーツが2勝目

7/22(月) 9:04配信

CYCLE SPORTS.jp

アラフィリップがマイヨ・ジョーヌ死守!

第106回ツール・ド・フランス(UCIワールドツアー)は、7月21日にリムーからフォワのプラ・ダルビス山頂までの185kmでカテゴリー1頂上ゴールの第15ステージを競い、英国のサイモン・イェーツ(ミッチェルトン・スコット)が独走で逃げ切って、第12ステージに続いて今大会2勝目を上げた。

区間2位には前日のツールマレー頂上ゴールを制したフランスのティボ・ピノー(グルパマ・FDJ)、3位にはスペインのミケル・ランダ(モビスターチーム)が入った。ピノーは総合6位から4位へと上がり、ランダは総合11位から7位になった。

マイヨ・ジョーヌを着た地元フランスのジュリアン・アラフィリップ(ドゥクーニンク・クイックステップ)は、ゴールまで残り5kmでピノーのグループに付いて行けず、遂に限界を見せたが、1分49秒遅れの区間11位でゴールし、総合首位の座を守ることができた。


今年のツールは2週目のピレネー山岳ステージを終え、フランスのアラフィリップがマイヨ・ジョーヌを守り、ディフェンディングチャンピオンである英国のゲラント・トーマス(チームイネオス)が1分35分遅れで総合2位、オランダのスティーフェン・クラウスウェイク(チームユンボ・ビスマ)が1分47秒遅れで総合3位という展開になった。

ポイント賞のマイヨ・ベールはスロバキアのペテル・サガン(ボーラ・ハンスグローエ)が284ポイントで総合首位を独走。2位のソンニ・コルブレッリ(バーレーン・メリダ)は191ポイント、3位のマイケル・マシューズ(チームサンウェブ)は187ポイントだ。

山岳賞のマイヨ・アポワはベルギーのティム・ウェレンス(ロット・スーダル)が64ポイントを獲得して総合首位を守り続けているが、カテゴリー超級ゴールのツールマレーで40ポイントを稼いだピノーが14ポイント差で迫ってきている。

新人賞のマイヨ・ブランは総合5位に付けているコロンビアのエガン・ベルナル(チームイネオス)が着用し、最終週に突入する。

7月22日は南仏のニームで2度目の休養日を過ごし、選手たちは最終週のアルプス山岳ステージに向けてつかの間の休息を取る。幸いアルプスはまだ先で、休養日明けの第16ステージはカテゴリー4の丘が1つあるだけのスプリンター向きのステージだ。

■第15ステージ結果[7月21日/リムー~フォワ(プラ・ダルビス)/185 km]
1. SIMON YATES (MITCHELTON - SCOTT / GBR) 04H 47' 04''
2. THIBAUT PINOT (GROUPAMA - FDJ / FRA) + 33''
3. MIKEL LANDA (MOVISTAR TEAM / ESP) + 33''
4. EMANUEL BUCHMANN (BORA - HANSGROHE / GER) + 51''
5. EGAN BERNAL (TEAM INEOS / COL) + 51''
6. LENNARD KAMNA (TEAM SUNWEB / GER) + 01' 03''
7. GERAINT THOMAS (TEAM INEOS / GBR) + 01' 22''
8. STEVEN KRUIJSWIJK (TEAM JUMBO - VISMA / NED) + 01' 22''
9. ALEJANDRO VALVERDE (MOVISTAR TEAM / ESP) + 01' 22''
10. RICHIE PORTE (TREK - SEGAFREDO / AUS) + 01' 30’’

■第15ステージまでの総合成績(マイヨ・ジョーヌ)
1. JULIAN ALAPHILIPPE (DECEUNINCK - QUICK - STEP / FRA) 61H 00’ 22’’
2. GERAINT THOMAS (TEAM INEOS / GBR) + 01’ 35’’
3. STEVEN KRUIJSWIJK (TEAM JUMBO - VISMA / NED) + 01’ 47’’
4. THIBAUT PINOT (GROUPAMA - FDJ / FRA) + 01’ 50’’
5. EGAN BERNAL (TEAM INEOS / COL) + 02’ 02’’
6. EMANUEL BUCHMANN (BORA - HANSGROHE / GER) + 02’ 14’’
7. MIKEL LANDA (MOVISTAR TEAM / ESP) + 04’ 54’’
8. ALEJANDRO VALVERDE (MOVISTAR TEAM / ESP) + 05’ 00’’
9. JAKOB FUGLSANG (ASTANA PRO TEAM / DEN) + 05’ 27’’
10. RIGOBERTO URAN (EF EDUCATION FIRST / COL) + 05’ 33’’

[各賞]
■ポイント賞(マイヨ・ベール):PETER SAGAN (BORA - HANSGROHE / SVK)
■山岳賞(マイヨ・アポワ):TIM WELLENS (LOTTO SOUDAL / BEL)
■新人賞(マイヨ・ブラン):EGAN BERNAL (TEAM INEOS / COL)
■チーム成績(黄色ゼッケン):MOVISTAR TEAM (ESP)
■敢闘賞(赤ゼッケン): MIKEL LANDA (MOVISTAR TEAM / ESP)

最終更新:7/22(月) 9:04
CYCLE SPORTS.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事