ここから本文です

テレビはこれからもっと進化する! 8Kからみるテレビの未来

7/22(月) 17:01配信

GOETHE

『プロジェクトX』『プロフェッショナル』をはじめ、仕事人の姿を描き出す人気番組を多数持つNHKだが、渋谷の放送センター内にいま、そんな「仕事人」の集う部署がある。 「8K制作事務局」だ。彼ら彼女たちが目指すのは、映像の未来をつくることである。

テレビはまだまだおもしろくなる!

これまでにない超高精細映像を実現したのが8Kテレビ。圧倒的な美しさを誇る映像・音響技術の力を最大限に活かすべく、NHK内部には「8K制作事務局」が立ち上がっている。

8K技術を放送にどう生かすか、日々奔走している面々に、技術の生かしどころはどこにあるか語っていただいた。

中尾好孝・副事務局長(報道局スポーツ情報番組兼務)は言う。


「たとえばスポーツでは、8Kが大いに力を発揮しますよ。高精細映像ゆえ、選手やボールにカメラが『寄る』必要が少なくなります。画角の広さが確保できて、基本的にグラウンド全体を見渡す映像で中継を構成できるのです。するとサッカーなどの競技では、ボールを持っている選手だけでなく、両チームの各々の選手がその瞬間にどう動いているかがよくわかる。サッカー解説者の山本昌邦さんは、8K中継だと『選手一人ひとりの頭の中が読み取れるようだ』と仰っていました」

スタジアムで観戦しているのと何ら変わらない感覚が味わえるということのようだ。

舞台中継でのメリットも大きいと、小林晴美デスクが教えてくれた。

「ホールの特等席に陣取って演劇やコンサートを観ている臨場感を味わえます。いえ、舞台上の細部まではっきり見えるという点では、特等席からの眺めを上回っていると言っていいでしょうね。前面に立ってセリフを述べている主役のみならず、背後で歌ったり踊ったりしている人の演技や表情を確認することも、8Kの番組では容易です。舞台全体を観て演目自体を楽しみつつ、贔屓の出演者の姿をひたすら目で追うといった楽しみ方が可能になります」

美しい映像がキモとなるネイチャー番組で、8Kが威力を発揮するのは自明だ。伊豆浩チーフ・プロデューサーが話す。

「極地や山頂、海底といった過酷な自然から、世界中の美しい街並みまで、リアルに映し出せる8Kテレビの前に座っていると、これはほとんど『どこでもドア』なんじゃないかと思えてきますよ。その地に自分が連れ去られたような感覚がありますから。『見る』から『体感する』に、ネイチャー番組のコンセプトは明らかに変わります。番組のつくり方も変化する面がありますね。これまでよりもナレーションを減らして、より映像に語らしめるシーンが増えたりしています」

番組のつくり手、送り手の意識にも変化が見られるという。金谷美加チーフ・プロデューサーは、


「画面の隅々までクリアということは、つまりはひとつの映像に見どころがたくさん埋まっているわけですね。見るたびに発見がある。ですから長く、何度でも観られる番組をつくっていきたいですし、繰り返し楽しめる編成にしていかなければと感じています」

とこれからの番組のつくり方について語る。

さらにこれからの課題について丸山雅尉制作・開発推進部専任部長は言う。

「撮影カメラとしての使い勝手は、ほぼ従来のカメラ機材と変わらないサイズと操作性を実現できています。ただ、映る映像のクオリティは段違いであって、これまではカメラを向ければ『映っているだろう』というものが、確実に『映る』ようになった。撮影する側としても、より目的意識を明確にしていかなければなりません。制作側のスキル・意識アップを図っているところです」

なるほど技術の革新が、これまでの映像文化そのものを見直すきっかけになっている模様だ。村山淳・事務局長が、8Kテレビのもたらすものを総括してくれた。

「ここから新しい映像文化をつくっていく。そういう気概が私たちのなかにはあります。映像に触れる時間が、これまでよりもっと豊かな体験を味わうときになればと思って、ハード・ソフトの両面から整備を進めているところです。8Kによって、テレビはますますおもしろくなると、私たちは言い切れます。NHKは世界で唯一、放送に関する研究施設(放送技術研究所映像)をもつ放送局。未来のテレビについて、いろいろ研究しています。もしかしたら香りのするテレビの開発だって夢じゃありません。テレビはこれからも進化していきます。ぜひ期待してください」


「月着陸50年 ムーンウォーカーが見た絶景」
7月20日(土)19:00~21:00
1969年7月20日に成功したアポロ11号の月面着陸。以来、12人の宇宙飛行士が「ムーンウォーカー」として、月面での様子を撮影してきた。その初の着陸から50年後、およそ300枚のフィルムが超高精細画像としてよみがえる。アポロ11号から17号までに知られざる感動秘話や業績を、臨場感あふれる画像とともに紹介する。

Text=山内宏泰 Photograph=伊澤絵里奈

最終更新:7/22(月) 17:01
GOETHE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事