ここから本文です

青春18きっぷで乗る観光列車

7/22(月) 12:12配信

旅行読売

 JRの観光列車の中にはお得きっぷが使える列車があり、うまく活用したい。代表的なのが普通・快速列車に1日乗り降り自由の青春18きっぷだ。
 観光列車は普通・快速列車の扱いも多く、その場合は青春18きっぷ(運賃)と指定席券を買えば乗車できる(食事付きなど企画商品は別料金)。月刊「旅行読売8月号」でも紹介したくしろ湿原ノロッコ号、富良野・美瑛ノロッコ号、ナイトビュー姨捨(おばすて)、越乃Shu*Kura、SL「やまぐち」号など、SLやトロッコを含め全国の20を超える観光列車に乗れる。
 青春18きっぷは1万1850円で、5回(日)使えるので、1回あたり2370円。運賃がこの額を超える行程に組み入れるのが原則だ。例えば、ナイトビュー姨捨の長野―姨捨駅間の運賃は往復820円(+指定席料金1040円)で、ここだけ乗るなら普通にきっぷを買ったほうが安いが、関東や北陸から普通列車を乗り継いで長野まで来るような長距離の鉄道旅に組み込むなら、断然お得になる。
 他方、もともと運行距離が長く、片道乗り通せば元がとれるリゾートしらかみ(秋田―弘前・青森)、きらきらうえつ(新潟―酒田)のような列車もある。また、予約状況によるが、越乃Shu*Kura(上越妙高―十日町)~おいこっと(十日町―長野)~ナイトビュー姨捨のように、観光列車を乗り継げるエリアもある。広い車窓やオリジナルの車内サービスが楽しめる観光列車を行程に組み込めば、鉄道旅の良いアクセントになるだろう。

 北海道&東日本パス1万850円(JR北海道線、JR東日本線、青い森鉄道線、IGRいわて銀河鉄道線、北越急行線の普通・快速列車の普通車自由席およびJR東日本のBRTが7日間乗り放題)、週末パス8730円(南東北以南のJR東日本線と14の鉄道会社線の普通・快速列車の普通車自由席が週末の2日間乗り放題)も同様のお得きっぷ。きっぷによって使用エリアや有効期間があるので、JR東日本のホームページで確認を。

青春18きっぷで乗れるJR観光列車例
●くしろ湿原ノロッコ号(釧網線)●富良野・美瑛ノロッコ号(富良野線)●リゾートしらかみ(五能線)●SL銀河(釜石線)●きらきらうえつ(羽越線)●SLばんえつ物語(磐越西線)●SLぐんま みなかみ(上越線)●おいこっと(飯山線)●リゾートビューふるさと(大糸線・篠ノ井線)●HIGH RAIL1375(小海線)●ベル・モンターニュ・エ・メール(氷見線・城端線)●奥出雲おろち号(木次線)●瀬戸内マリンビュー(山陽線・呉線)●〇〇のはなし(山陽線・山陰線)●しまんトロッコ(予土線)●SL人吉(肥薩線)●いさぶろう・しんぺい(肥薩線) 
※一部の列車は運賃のみで指定席料金不要

最終更新:7/22(月) 12:12
旅行読売

記事提供社からのご案内(外部サイト)

旅行読売9月号

旅行読売出版社

2019年9月号
7月29日発売

589円


第1特集 行列のできる道の駅
第2特集 手ぶらでキャンプ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい