ここから本文です

最新版!ピクシーカットがお似合いのセレブ

7/22(月) 7:02配信

コスモポリタン

いつの時代もおしゃれなベリーショート。この髪型にはセクシーさだけでなく、美の基準を超越した何かを感じませんか? 

【写真】セレブ11人の「ピクシーカット」ヘアカタログ

サイドとバックを極めて短く切ったピクシーカットは、顔立ちがはっきりと見える上、スタイリングにかける時間もぐんと短く済みます! そして、よくある思い込みや古い考えとは矛盾しますが、実はどんな顔の輪郭にも、髪質の人にも似合う髪形なんです。コスモポリタン アメリカ版からピクシーカットが似合うセレブをご紹介。サロンへ行く前に、彼女たちのカットやスタイリングをチェックしてみて!

ゾーイ・クラヴィッツの逆立てバング

切りそろえた前髪は、誰にでも似合うわけではありません。額に髪を下ろしたくないという人におすすめなのが、前髪を逆立てたゾーイのピクシーカット。「前髪を思いっきりアップにすることで、頬骨のラインが美しく映えるんですよ」というのは、セレブに愛されるヘアスタイリストのローリー・ヒープスさん。

乾いた髪をアイロンでしっかり伸ばしたら、マットな仕上がりになるポマードを指に取り、前髪をいくつかに分けつつ、根元から立ち上げてみましょう。

ホールジーのボーイッシュなピクシーカット

「ジェンダーレスな印象を与えるピクシーカットですが、2019年はボウルカットを取り入れて、イメージを一新しています」と話してくれたのは、ヘアケアブランド「ケビン・マーフィー」のインターナショナル・クリエイティブ・ディレクターであるパスカル・ヴァン・ルーンハートさん。ツヤ感を抑えたクールなスタイリングをマネしたかったら、乾いた髪を手ぐしで整え、スタイリング力の強いワックスを少しなじませてみて。

ローワン・ブランチャードはバングあり

長いウェービーヘアをすっぱりと短くしたローワン。「ローワンは常に進化を求める人だし、今の彼女には、この髪型がしっくりきたみたいです」と教えてくれたのは、ローワンのヘアスタイリングを担当しているヒープスさん。

ローワンのようなスタイリングにするなら、スプレーワックスとポマードのふたつ使いがおすすめ。「スプレーワックスは髪の動きを残しつつ高いホールド力を発揮してくれます。そこに、ポマードで自然な毛束感を作ってスタイリングするといいでしょう」とヒープスさんはアドバイス。

1/2ページ

最終更新:7/22(月) 7:02
コスモポリタン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

コスモポリタン

ハースト婦人画報社

1886年にアメリカで創刊され、
世界中の女性に愛されるコスモポリタン。
日本ではオンラインに特化し、
恋愛、ビューティ、セレブ情報など発信中。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい