ここから本文です

スペースシャトルの「黄金期」を捉えた写真の数々は、かくして約30年ぶりに蘇った

7/22(月) 12:13配信

WIRED.jp

スペースシャトル「チャレンジャー」が打ち上げられてから73秒後に空中分解し、搭乗していた7人の宇宙飛行士が犠牲になったのは1986年1月28日のことだった。それまでスペースシャトルのすべての打ち上げを4年にわたり記録し続けてきた写真家のジョン・A・チャカレスはショックを受けた。地下室に保存していた写真のネガをすぐさま梱包し、何年ものあいだ再び手を触れることはなかったのである。

【写真】スペースシャトルの「黄金期」を捉えた写真をもっとみる

「自分の人生において誰かにスイッチを切られたような感じでした」とチャカレスは言う。「立ち直るまでにしばらくかかりました」

チャカレスがようやく昔のフィルムを取り出したのは、米航空宇宙局(NASA)が2011年にスペースシャトル計画を終了してからだった。これらの写真は、彼の素晴らしい写真集『First Fleet: NASA’s Space Shuttle Program 1981-1986』で見ることができる。

「歴史における独特な時期を捉えていた可能性に気づいたのです」と、彼は言う。「記録した1980年代の前半あたりには、宇宙がもたらす可能性に対して非常に楽観的で明るい展望が溢れていました」

スペースシャトルの確かな足跡

ニクソン大統領はスペースシャトル計画を72年に発表した際、「70年代における辺境の地である宇宙を身近な領域に変える」と宣言した。しかし、それが実現したのは、宇宙と地上を往還するオービター(軌道船)である「コロンビア」が81年4月12日に打ち上げられてからだと言える。

コロンビアは世界で初めての再使用可能な宇宙船であり、宇宙に最初に到達したスペースシャトルだった。宇宙旅行を手ごろな料金で身近なものにするという意味で、技術の進歩がなし遂げた偉業だったと言える。そして、やがては「チャレンジャー」「ディスカヴァリー」「アトランティス」「エンデヴァー」へと続いていくことになる。

こうしたスペースシャトルは、135回のミッションで833人の宇宙飛行士を宇宙に送り出した。そのなかには、国際宇宙ステーション(ISS)の建設やハッブル宇宙望遠鏡の修理のほか、女性やアフリカ系米国人で最初の宇宙飛行士を宇宙に運ぶことなども含まれていた。

スペースシャトル計画に不備がなかったわけではない。特にチャレンジャー、そのあとに起きたコロンビアの事故は大惨事だった。しかし、確かな足跡も残している。

「たくさんの任務を創出し、現代において利用されている多くの技術を生み出しました。政府主導の優れた計画が何を達成できるか示したのです」

1/2ページ

最終更新:7/22(月) 12:13
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事