ここから本文です

セレーナ・ゴメス、ディズニースターから初代インスタ女王へ! 忘れられない瞬間7

7/22(月) 20:20配信

ハーパーズ バザー・オンライン

腎臓移植の大手術を受ける

夏に免疫性疾患ループスの治療の一環として腎臓移植手術を受けていたことを告白。親友で女優のフランシア・ライサがドナーとして名乗り出てくれたおかげで一命をとりとめたけれど、セレーナはもちろん、ドナーにとっても大変な手術だったと明かした。

ジェレーナ復活!

ザ・ウィークエンドとの破局直後に、ジャスティンと出かける姿がたびたび目撃されるようになり、11月にはLAのアイススケートリンクで熱いキスを披露し、世界中のジェレーナファンが大歓喜! セレーナの手術の報道が耳に入り、ジャスティンが心配して連絡をとったのがきっかけになったようだ。

2月にはジャスティンの父親と再婚相手の結婚式に揃って出席し、今度こそ!と喜んでいたのもつかの間、わずか4カ月ほどで再び破局。ジャスティンは同年7月にモデルのヘイリー・ボールドウィンと婚約し、9月には結婚。これに対してセレーナの心境は明らかになっていないが、2019年6月にインスタに残っていたジャスティンの最後の写真を削除。思いを断ち切ることができたのか……?

メンタルヘルスケアのため再び入院

10月から腎臓移植の副作用によるメンタルヘルスの治療のため、再び入院。元恋人ジャスティン・ビーバーのスピード結婚のニュースも多少なりとも影響していそう、という心配の声もあったけれど、1カ月には退院。退院後は親しい友達とスキーリゾートでバカンスをエンジョイ! もともとセレブ仲間よりも幼馴染を含め、プライベートの友達を大切にしているセレーナだが、親友のテイラー・スウィフトは治療期間もサポートしてくれて、今でも定期的に連絡を取っているようだ。

カンヌ国際映画祭で視線を独占

カンヌ国際映画祭の1日目に出演映画『ザ・デッド・ドント・ダイ』の特別上映に出席。女優としては約3年ぶりのスクリーン復帰となった作品に注目が集まるなか、ジム・ジャームッシュ監督や豪華キャストらとともにレッドカーペットに登場し、視線を釘付けに。広告塔を務める、ルイ・ヴィトンによるカスタム・セットアップをまとい、カンヌデビューとは思えない神々しい姿は、息をのむほどの美しさ。

2/2ページ

最終更新:7/22(月) 20:20
ハーパーズ バザー・オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事