ここから本文です

【価格差3万~20万円!! 軽自動車にターボはいるのか??】軽ターボの必要性とコスト

7/22(月) 11:02配信

ベストカーWeb

 軽自動車にはほとんどの車種にNA(自然吸気)エンジンと、ターボの2種類のエンジンがラインアップされている。

 ではNAエンジン、ターボエンジンのどちらがいいのだろうか? 

 そこで、軽のNAエンジンは非力で走らないのか? 軽にターボは不可欠なのか? 価格面も含め、軽のNAエンジン搭載車とターボエンジン搭載車を比較してみた。

文/渡辺陽一郎
写真/ベストカー編集部

背の高いワゴンタイプはほぼ全車にNAとターボをラインアップ!

 今は新車として売られるクルマの40%近くが軽自動車になった。しかも軽乗用車については、45%がN-BOX、スペーシア、タントといった「スーパーハイトワゴン」で占められる。

 全高が1700mmを超えるボディで車内が広く、後席のドアはスライド式だから乗降性も良い。

 次の売れ筋がN-WGN、ワゴンR、ムーヴのような全高が1600~1700mmの「ハイトワゴン」で35%程度だから、軽乗用車の80%は背が高い。

 これらの背の高い軽乗用車では、ほぼ全車にNA(自然吸気)エンジンとターボが用意される。ムーヴキャンバスのように、NAエンジンのみの車種(スペーシアはハイブリッドのみ)は珍しい。

 そして新型タントの開発者は「標準ボディではNAエンジンのXが売れ筋だが、上級のカスタムはターボのRSが60%くらいを占める」という。

 カスタムでRSの比率が高い背景には「カスタムを買うなら最上級のターボ」という気持ちもあるが、動力性能と車両重量のバランスも影響している。

NAとターボの走りの違いは?

 例えば新型タントの場合、軽量化を行ったとはいえ、NAエンジンを搭載する標準ボディのXとカスタムXの車両重量は900kgに達する。

 全高が1700mmを超える背の高いボディに各種の安全装備、スライドドアの電動機能などを装着すると、ミライースのような背の低い軽自動車に比べて車両重量が250kgくらい増えてしまう。小型/普通車でいえば、1.3Lエンジンを搭載するコンパクトカーに近い重さだ。

 ところがエンジンの排気量は660ccだから、コンパクトカーの約半分になり、動力性能が不足するのは当然だ。そこで背の高い車種では、ターボを装着するグレードが豊富に用意される。

 通常の動力性能に大きく影響するエンジンの数値は最大トルクだ。軽自動車のターボでは、この数値がNAエンジンの1.6~1.7倍に増える。

 新型タントであれば、NAエンジンの最大トルクは6.1kgm(3600回転)、ターボは10.2kgm(3600回転)だ。

 ターボの数値はNAエンジンの167%に達する。ターボの最大トルクは1LのNAエンジンと同程度だから、車両重量に見合う動力性能が得られる。

 その一方で燃費の悪化率は小さい。新型タントのWLTCモード燃費は、NAエンジンが21.2km/Lで、ターボは20.0km/Lになる。ターボの数値はNAエンジンの94%だから、悪化率は約6%だ。動力性能が1.7倍近くに達することを考えると、ターボの効率は優れている。

 このような結果になる理由は、軽自動車の排気量が車両重量に対して極端に小さく、エンジンに過剰な負担を強いているからだ。

 NAエンジンではアクセルペダルを踏み込み、高めの回転域を多用するが、ターボであれば比較的低い回転域から余裕のあるトルク(駆動力)を発揮する。エンジンの負担も軽減され、動力性能の割に燃料消費量を抑えられる。

1/5ページ

最終更新:7/22(月) 11:02
ベストカーWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事