ここから本文です

【K-1】8・24大阪大会の全対戦カードと試合順決定、テーマは下克上マッチ、日本vs世界・5対5、メインの皇治vs大岩龍矢はスペシャル・スーパーファイト

7/22(月) 15:50配信

ゴング格闘技

2019年8月24日(土)エディオンアリーナ大阪『K-1 WORLD GP 2019 JAPAN』の全対戦カード&試合順が、7月22日(月)都内で行われた記者会見で発表された。

【写真】8・24K-1大阪大会の全対戦カード

 この日、最終決定カードとして発表されたK-1 KRUSH FIGHTウェルター級王者・木村“フィリップ”ミノル(ブラジル/K-1ジム五反田チームキングス)vs2014年プロボクシング西日本新人王・大泉翔(昇龍會)の一戦を加えて、本戦12試合+プレリミナリーファイト3試合の計14試合が行われる。

 本戦第1試合から第6試合までは、いずれも赤コーナーの格上選手にまだキャリアや実績のない青コーナーの選手が挑む「下克上マッチ」のスーパーファイト。第7試合から第11試合までが、3月の『K'FESTA.2』に続いて「日本vs世界・5対5」(3月は7対7)。そしてメインイベントでは「スペシャル・スーパーファイト」と銘打たれて、皇治(TEAM ONE)vs大岩龍矢(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)が行われる“三本柱”となった。

 第1試合で第2代・第4代K-1 KRUSH FIGHT女子フライ級王者KANA(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)vs真優(月心会チーム侍)が組まれたのは、KANAが「第1試合でやらせて欲しい」と自ら志願して実現したもの。

 これにより、今大会の正式名称は『K-1 WORLD GP 2019 JAPAN~日本vs世界・5対5&スペシャル・スーパーファイト in 大阪~』となることが決定。

 なお、大会前売りチケットは全席種が完売した。

最終更新:7/22(月) 16:08
ゴング格闘技

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ゴング格闘技

ジャパンコンテンツマネジメント

ゴング格闘技
2019年7月23日発売

定価 本体1,111円+税

【特集】快挙! 世界二冠・堀口恭司とは何か?
■DJら対戦者が語るキョージ・ホリグチ
■「格闘兄弟」朝倉未来&海ほか
■魔裟斗×武居由樹/亀田が語る那須川天心

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事