ここから本文です

中国側から見た、上海高島屋の撤退

7/22(月) 12:20配信

Wedge

 「上海高島屋はやはり、無理だった」。――6月26日付けの中国国内経済紙「第一財経オンライン」記事「高島屋閉店へ、有名日系百貨店敗退の背後」の書き出し。カルフールの話(参照『カルフール中国撤退、時代の寵児はこうして墜落した』)に続き、高島屋中国撤退に触れてみたい。

米中貿易戦争による内需低迷が撤退の原因か?

 高島屋は6月25日、中国から撤退すると発表した。上海高島屋の店舗を8月に閉店する。

 6月25日付の日本経済新聞電子版は、「米中貿易摩擦の影響などで消費が減速しており、運営継続は困難と判断した。海外ではベトナム・ハノイで教育施設を柱とする不動産開発事業に参画する。海外事業では成長の見込める東南アジアに経営資源を集中する」と報じた。

 SankeiBizも6月26日付の記事で、「長引く米中貿易摩擦の影響で業績改善は見込めない」と背景を説明し、高島屋の中国撤退を報じた。このくだりは、おそらく二紙とも高島屋広報部のプレスリリースをそのまま掲載したと思われる。

 撤退の原因だが、「米中貿易摩擦の影響による消費減速」とされたところに強く違和感を抱く。米中貿易問題が浮上したのは、昨年の夏。貿易戦争の本格化は昨年末から今年の前半にかけての出来事であり、その影響による消費の減速は確かに徐々に表れ始めたものの、ただそれがすなわち高島屋の中国撤退に直結する要因とは思えない。

 私の知る限り、高島屋上海は開業の2012年当時からずっと恒常的な経営不振が続いた。高島屋上海といえば、レストラン街を除いて、スタッフが客よりも多いという閑古鳥が鳴く惨状。もはや上海現地在住の日本人なら知らない人がいないほど有名な話だった。冒頭の第一財経の記事は、こう述べている――。

 「上海高島屋は残念ながら、開業以来、人気がなかった。本紙記者が何度か店頭を取材したものの、巨大な店舗に客はわずかだった。このたびの閉店の主因は業績不振によるものであった」

 非常に単純明快な解説だった。「米中貿易摩擦の影響による消費減速」はいずれ業績の更なる悪化を引き起こす原因にはなり得るが、撤退の直接原因ではないはずだ。では、高島屋の敗因とは何だったのか?

1/3ページ

最終更新:7/22(月) 12:20
Wedge

記事提供社からのご案内(外部サイト)

月刊Wedge

株式会社ウェッジ

2019年9月号
8月20日発売

定価540円(税込)

■特集「看取り」クライシス―多死社会が待ち受ける現実
■信用スコア 利便性の先に潜む「落とし穴」
■世界通貨を目指す「リブラ」構想の限界

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事