ここから本文です

好調の牧田和久、不振の加藤豪将、北方悠誠は4登板…日本人マイナー選手のここまでは?

7/22(月) 13:11配信

ベースボールチャンネル

オールスターブレイクも明け、各球団ポストシーズンに向けた準備を始めている。今年も大谷翔平選手や田中将大投手をはじめとしたメジャーの舞台で活躍する日本人選手がいる一方、マイナーから力をつけ、メジャー昇格を虎視眈々と狙う選手たちもいる。

【写真】MLB、日本人で初めて〇〇した投手は?

牧田和久投手(パドレス傘下3Aエルパソ・チワワズ)

 今季はサンディエゴ・パドレス傘下2Aアマリロ・ソッドプードルズからスタートした牧田。6月17日(日本時間18日)にメジャー昇格を果たすも、登板機会なく翌18日(同19日)に事実上の戦力外となった。牧田は、ウエーバーを経て、再び2Aアマリロに所属することになった。

 しかし、今季2Aで26試合(40回2/3)を投げ、3勝2敗、防御率3.54と結果を残し、7月2日(同3日)に3Aエルパソ・チワワズへ昇格。ロングリリーフとして、5試合(13回1/3)を投げて3勝0敗、17奪三振、防御率1.35と実力をいかんなく発揮している。また、昇格後は被打率.184、WHIP0.83と相手を寄せ付けない投球で、メジャー再昇格を目指して奮闘中だ。

加藤豪将(ヤンキース傘下2Aトレントン・サンダー)

 開幕を3Aスクラントン・ウィルクスバレ・レイルライダースで迎えた加藤は、5月3日(同4日)時点で、打率.367、7本塁打と打ちまくった。だが、以降は下降線をたどり、2Aトレントン・サンダーと行き来するようになる。2Aでは25試合の出場で、打率.182、0本塁打、OPS.480と不振に陥っている。

 加藤は、内野全てのポジションに加え、左翼の守備に就くこともあるユーティリティであるため、シーズン序盤の調子を続けられれば、層の厚いヤンキースでも、今後昇格のチャンスはあるはずだ。

吉川峻平(ダイヤモンドバックス傘下A+ビサリア・ローハイド)

 パナソニックから昨年8月24日(同25日)にアリゾナ・ダイヤモンドバックスとマイナー契約を結んだ吉川。今季はカリフォルニアリーグ・A+級のビサリア・ローハイドに所属し、14試合に先発登板。62回2/3を投げ、3勝5敗、与四球19、奪三振70、防御率3.73と内容のある投球を続けている。

1/2ページ

最終更新:7/22(月) 15:08
ベースボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい