ここから本文です

【RIZIN】7.28 朝倉未来と対戦する矢地祐介「化けの皮を剥がしてやる」

7/22(月) 17:46配信

ゴング格闘技

7月28日(日)さいたまスーパーアリーナにて開催される『RIZIN.17』のメインイベントで、朝倉未来(トライフォース赤坂)と対戦する矢地祐介(KRAZY BEE)が22日、公開練習を行った。

【写真】「同じフレームに収まりたくなかった」と未来との2シヨットを拒否し、集合写真のみで会見場を後にした矢地

元M-1王者&元WBFアジアパシフィック・ボクシング王者のゲンナロン・ウィラサクレックが持つミットに、サウスポー構えから、ワンツー、フックなどのコンビネーションを見せた矢地は、特に右手の力強いジャブを披露した。

その後の囲み取材では、7月8日の記者会見で朝倉戦に関する回答と、朝倉との2ショット撮影を拒否した理由について、「あっちの発言とかもほとんどシャットアウトしている。腹が立っていたし、同じフレームに収まりたくなかったし、試合までこの思いを取っておきたかったから」と説明。

「腹が立っていた」理由は、「うちのジムに中指立てたわけじゃないですか。『KRAZY BEE、勝ってないから』とかの発言(「RIZIN CONFESSIONS」にて)。あれは絶対許せないし、なんだアイツ? とジムの関係者もみんな思っている。その思いを晴らすのは俺しかいない。みんなの思いを拳に乗せて叩き潰したいって、毎日思っている」と、所属ジムをディスられたことが原因だと語った。

さらに、朝倉未来の公開練習や発言も「全く見ていない」といい、「彼はメッキを塗るのに必死というか、ハリボテ。自分を良く見せようと必死で。それを見ていても腹立つし。化けの皮を剥がしてやる、という気持ち。幻想を打ち砕こうみたいな」と、朝倉が過大評価されているとした。

朝倉戦に向け、「今まで全くしてこなかった」出稽古も敢行。帝拳ボクシングジム、ロータス世田谷ではかつてRIZINで対戦した北岡悟、さらに青木真也ら「スペシャリストのいるところへ行って、一から足りない部分を教えてもらった」という。また、KRAZY BEEに出稽古に来る田中路教、ISAO、リオン武らトップファイターとも練習を行うことで自身の強みの再確認ができている。

70kg契約、5分3Rで対戦する矢地と朝倉、令和の大喧嘩で最後にマットに立っているのはどちらか?

1/2ページ

最終更新:7/23(火) 1:27
ゴング格闘技

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ゴング格闘技

ジャパンコンテンツマネジメント

ゴング格闘技
2019年7月23日発売

定価 本体1,111円+税

【特集】快挙! 世界二冠・堀口恭司とは何か?
■DJら対戦者が語るキョージ・ホリグチ
■「格闘兄弟」朝倉未来&海ほか
■魔裟斗×武居由樹/亀田が語る那須川天心

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事