ここから本文です

【K-1 KRUSH】勝利した中国チーム「K-1のベルトを狙いたい」とのアピールも=日本vs中国・7対7対抗戦一夜明け会見

7/22(月) 18:01配信

ゴング格闘技

2019年7月21日(日)東京・後楽園ホールで開催された『K-1 KRUSH FIGHT.103』の一夜明け会見が、22日(月)都内にて行われた。会見には「日本vs中国・7対7全面対抗戦」に出場した全選手が出席。

【写真】大将戦でシュアイが卜部に衝撃のKO勝ち

 中国チーム『武林風』のユー・レイプロデューサーは、「昨日は正直一睡もすることができませんでした。昨日の試合はエキサイティングなものだったからです。まず昨日、試合をしてくれた全てのファイターに感謝したいと思います。勝ち負けに関係なく彼らが発揮してくれたスポーツマンシップと偉大な魂に感動しました。私は日本のKRUSHに感謝します。全ての面においてパーフェクトな仕事をしていました。世界でも最も優れたイベントでした。中日の格闘技がアジアで秀でたイベント、お手本になることができました。我々、武林風もよかったと思いませんか? 我々のチームが優秀であることが証明されました」と、4勝3敗で日本チームに勝ち越したことに満足そうだ。

 対抗戦をコーディネートしたCFP(チャイニーズ・ファイティング・プロモーション)の岩熊宏幸代表によれば、「中国国内でも注目を集めている。対抗戦は8月に2週にわたってテレビ放映されることが決まっている」とのこと。

 中村拓己K-1プロデューサーは「会場は1850人超満員札止め。日本での対抗戦は3度目ですが毎回対抗戦らしい雰囲気のある大会、盛り上がった大会になったと思います。日本は3勝4敗と負け越す悔しい結果に終わりましたが、それぞれの試合がハイレベルで客観的に見てエキサイティングで面白い試合になったと思います。中国チームは気合いを入れて勝ちに来ていると感じました。中国とはずっと交流していますが、レベルが上がって新しい選手が出てきて、学ぶべきことがたくさんあると感じました。コラボレーションしてもっともっとアジアで注目されるようなショーになっていってほしい。対抗戦は日本でも中国でも行われるし、負けた優しさは日本チームとしてどこかで晴らしたいと思います」と総括した。

 勝利した中国チームのメンバーは全員が口を揃えて「また日本で試合がしたい」と言い、加藤虎於奈に勝ったジャン・チュンユーは「K-1のベルトを狙いたいと思うのでチャンスがあればK-1で戦いたい」、卜部功也に初回KO勝ちしたジュー・シュアイは「可能であればK-1のベルトに挑戦させていただきたいです」と、それぞれK-1への参戦をアピールした。

最終更新:7/22(月) 18:01
ゴング格闘技

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ゴング格闘技

ジャパンコンテンツマネジメント

ゴング格闘技
2019年7月23日発売

定価 本体1,111円+税

【特集】快挙! 世界二冠・堀口恭司とは何か?
■DJら対戦者が語るキョージ・ホリグチ
■「格闘兄弟」朝倉未来&海ほか
■魔裟斗×武居由樹/亀田が語る那須川天心

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事