ここから本文です

1億5000万円! アストンマーティンのハイパースポーツカー「ヴァルハラ」が日本上陸

7/22(月) 20:02配信

Webモーターマガジン

映画「007」の次回作にも登場が決定!

2019年7月22日、東京・港区のアストンマーティン青山ハウスで、最新ミッドエンジン・ハイパーカー「ヴァルハラ」が日本で初めてお披露目された。

【写真】迫力のリアビュー、個性的なコクピットを見る

コードネーム AM-RB 003と呼ばれていたアストンマーティンの最新ミッドエンジン ハイパースポーツカー。その正式名称が「Valhalla(ヴァルハラ)」に決定したことは、以前に当サイトでも紹介した。そのヴァルハラの実車が、早くも日本にやって来たのだ。

ヴァルハラは、レッドブル アドバンスド テクノロジーとの共同開発で製作されており、先に発表されたヴァルキリー、ヴァルキリー AMRプロ(サーキット専用モデル)に次ぐ、3番目のミッドエンジン・ハイパーカーだ。

ヴァルハラはヴァルキリーの影響を受けてはいるが、ヴァルハラとヴァルキリーはまったく別のクルマだ。

ヴァルキリーとの最大の違いはコクピットの大きさで、公道を走行するために利便性や快適性を追求している。ヴァルキリーはドアがなくサイドウインドー部しか開かなかったが、ヴァルハラでは前ヒンジのLMP1風のドアを採用して乗降性を高めている。

ステアリングコラムにはディスプレイも備え、インフォテインメントシステムにはスマートフォンを利用する。

パワーユニットには革新的なV6ターボ+モーターのハイブリッドシステムが搭載され、1000bhpの最高出力が目標値。これにF1テクノロジーからフィードバックされた8速DCTを組み合わせる。

また、ヴァルカンにも採用されている「ネクセル シーリング オイルシステム」も採用され、90秒以内においるカートリッジを交換することが可能だ。

さらに、次世代航空機に採用されているモーフィング・テクノロジー(翼全体を滑らかに変形させながら飛行する技術)を応用したフレックス・フォイルという技術も採用し、これにより空力付加物の角度を変えたりせずにダウンフォースを変化させることができるという。

今回お披露目されたモデルはエンジンレスのデモカーだが、内外装はほぼ市販モデルと変わらないようだ。

ところで、アストンマーティンといえば「ボンドカー」。このヴァルハラも、現在制作中の映画「007 BOND 25(仮題)」にDB5やヴァンテージとともに登場することが決定している。今回お披露目されたクルマそのものが、すでにプロモーションなどで使われているとのことだ。

世界限定500台で生産される、アストンマーティン ヴァルハラ。すでに500台のオーナーは決まっており、日本にも十数台が導入される予定だ。

気になる車両価格だが、日本では約1億5000万円くらい。ヴァルキリーは本国で200万~250万ポンド(約2億7000万~3億3750万円)だったから、それに比べれば安いが、価格もハイパーなことは間違いない。デリバリー開始は2021年後半が予定されている。

Webモーターマガジン

最終更新:7/22(月) 20:02
Webモーターマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事