ここから本文です

カジサック、宮迫博之への感謝を語りコラボ動画を再び公開 「もう『謹慎』ではないので」

7/22(月) 7:02配信

リアルサウンド

 カジサック(キングコング・梶原雄太)が7月21日、自身のYouTubeチャンネルで緊急生配信を行ない、「闇営業」問題に揺れ、前日に緊急謝罪会見を開いた宮迫博之について思いを語った。

【写真】変わりゆくメディア・タレントの関係を語るオリラジ・中田敦彦

 冒頭、「この生配信で、吉本(興業)さんから、これを言ってほしいとか、これは言わないでほしいとかは、一切ないです」として、あくまで個人で決めたことだと強調。「謹慎処分」を受けて、非公開にしていた宮迫出演の動画について、「昨日の会見、僕ももちろん見ていました。宮迫さんは謹慎ではなく、契約解除という形になりました。それを受けて、僕は決めました」と、再び公開することを発表した。

 「もちろん、宮迫さんの動画を公開して、いろんな声があると思います」とカジサック。続けて、「なんや、儲けようとしてんのか、再生数を稼ごうとしてんのか、という声もあると思うんですけど、その動画については、一切広告をつけるつもりはございません」と語り、公開に踏み切る理由を説明した。

「僕、本当に宮迫さんには感謝してまして。80万人登録突破記念で出てくださったんですけども、そもそも、僕と宮迫さんはプライベートでよく遊んでいたかと言えば全然そうではなくて、正直、宮迫さんが出る理由ってなかったと思うんですよ。そんななかで、僕がお願いしたときに、男気ですよね。『おめでとう。俺ができることやったらやるよ』と言ってくださって、出てくださった」

 そう宮迫への恩義を語り、「もう『謹慎』ではないので、公開したい」と考えたことを明かした。

 また、「吉本(の仲間)だからか」という批判もあると想定されるなかで、「僕のチャンネルは、“吉本チャンネル”ではないです。あくまでもカジサックチャンネルです。他事務所の方でもし同じようなことがあったとしても、僕は同じことをしていると思います」と力を込めた。

 前日に行なわれた、宮迫博之、並びに田村亮の緊急記者会見について、カジサックから何らかの意見が語られるかにも注目が集まったが、「吉本さんがまだ何も発信していない状況でコメントするのは、個人的には違うと思っています」と語り、「まだどうなるか、本当にわからない」と、宮迫出演の動画についても、今後また非公開にする可能性があることを補足していた。

 なお、本配信のタイトルは「夢を語ります。」とされ、目標としてきたチャンネル登録100万人を達成したカジサックが、芸能界とYouTube界をまたにかけて、実現したい夢を明かしている。「僕は頭が悪いので」と何度も頭を下げながら、「大好きなテレビを、かつてのように面白くする」ための方策について真摯に語っているので、耳を傾けてみてはいかがだろうか。

向原康太

最終更新:7/22(月) 7:02
リアルサウンド

記事提供社からのご案内(外部サイト)

リアルサウンド

株式会社blueprint

音楽と映画を対象とする総合カルチャーサイトです。各ジャンルのニュースから、第一線のライターによる作品レビュー、業界分析記事まで、多彩な記事をお届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事