ここから本文です

【RISE】「全然勝てる」と打ち合いを要求する白鳥大珠に、梅野源治は「僕のスネは硬い。蹴られれば分かる」

7/22(月) 21:07配信

ゴング格闘技

2019年7月21日(日)エディオンアリーナ大阪・第1競技場で開催された『RISE WORLD SERIES 2019 Semi Final Round in OSAKA』の一夜明け会見が、22日(月)大阪府内で行われた。

【写真】セクサンにハイキックを見舞う白鳥

「RISE WORLD SERIES 2019 -61kg Tournament」で決勝に勝ち上がった、元ラジャダムナンスタジアム認定ライト級王者・梅野源治(PHOENIX)とRISEライト級王者・白鳥大珠(TEAM TEPPEN)が会見に出席。

 優勝候補のセクサンから2度のダウンを奪う圧勝で決勝進出を決めた白鳥は、「この一戦へ向けて相当練習も積んできて、ようやく自分らしさと言うか。今年に入って試合をしたという感覚がなかったんですが、昨日の試合を終えて久々に試合をやったなっていう満足感を得られたので、なんか久々に楽しかったですね。昨日の内容はずっとやってきた練習が出せた内容だったので、作戦通りに試合が進めてチームの力というのを信じてやるべきだなと実感しました。決勝を絶対に獲るしかないと思っているので、幕張メッセまでチームと一緒に練習していきたい」と、本領を発揮できた試合だったと振り返る。

 その試合ぶりには那須川天心が「昨日は白鳥君に持っていかれたと思いました。さすが王子だなと思いました」と言うほど。 

 チャンヒョン・リーと1勝1敗で迎えた決着戦を制した梅野は、「今回のチャンヒョン・リー戦へ向けてタイから現役の強豪タイ人を呼んで、1カ月間練習に付き合ってもらいました。そのタイ人が76~77kgあって圧力も凄く、その圧力とくらべるとチャンヒョン・リーはそこまでなかったので、その分楽だったのかなと。ただ練習の時にタイ人のパワーがありすぎて、ボディブローをもらった時にわき腹にヒビが入ったのか痛めていて、1Rにチャンヒョン・リーのボディをもらった時にかなり効いちゃったんですよね。

 その後の顔面フックで脳も揺らされて、1R目はちょっとまずいかなと思ったんですが、1Rが終わってコーナーへ戻った時にトレーナーやセコンドから『お前はここで諦めるのか。優勝するんだろ』と気持ちを鼓舞してもらって、2R目からは自分のスタイルを信じて左ミドル一本だったと思うんですが、その技を信じて突き進んだ結果、勝利につながったと思います。RISEのチャンピオンであるリーに勝てたという結果が今回自信につながったかなと思います」と、1Rはダウン寸前に追い込まれながらも2Rから追い上げられた理由を明かした。

 9月16日(月・祝)千葉・幕張メッセ・イベントホールでの開催が決定した決勝戦について、白鳥は「梅野選手は僕がまだ高校生くらいの時、ムエタイで日本代表としてタイと戦ってきた選手で凄くリスペクトしている選手の一人ですが、実際戦うとなったら全然勝てると思っています。昨日の試合を見た感じでもバンバン蹴ってくるのかなと思いますが、僕としては決勝戦だし、日本人対決2戦組まれて盛り上がるかなと思うので打ち合いたいですよね。梅野選手が打ち合ってくれたら会場も沸くし、自分自身も楽しいし、面白い試合が出来るんじゃないかなと思うのでお願いします」と、打ち合いを要求する挑発的なコメント。

 それに対して梅野は「僕は白鳥選手の試合をちゃんと見たことがなくて、対策とかどういう戦い方をするか分からないので、これから研究して戦い方を決めていきたい。ジュニア時代から有名ですよね。ムエタイのジュニアチャンピオンを獲っている存在だと、僕が格闘技を始める前から知っていました。強い選手、才能のある選手なんだなって思っていました、やるとは思っていなかった。

 強豪を集めた中で強い選手を相手に勝ち上がってきた白鳥選手と決勝でやれるので、これからしっかり対策を練って面白い試合をしたいなと。彼が今までやってきた選手、昨日のセクサンも含めて、多分、僕は相当スネが硬いと思うんですよ。蹴られれば分かると思う。チャンヒョンも昨日言っていましたが、多分、やれば分かる、蹴られれば分かる。その中で殴り合いでも勝てるように、いつも言っている総合力で圧倒したいと思うので、日本人対決を白鳥選手、一緒に盛り上げましょう」と返答した。

最終更新:7/22(月) 21:07
ゴング格闘技

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ゴング格闘技

ジャパンコンテンツマネジメント

ゴング格闘技
2019年7月23日発売

定価 本体1,111円+税

【特集】快挙! 世界二冠・堀口恭司とは何か?
■DJら対戦者が語るキョージ・ホリグチ
■「格闘兄弟」朝倉未来&海ほか
■魔裟斗×武居由樹/亀田が語る那須川天心

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事