ここから本文です

挙式は2回、がセレブの最新ウエディング・トレンド! その理由は?

7/22(月) 20:10配信

with online

今セレブの間では、なぜか結婚式を2回挙げるのがトレンドみたい。モナコ公国のロイヤル・ファミリー、シャルロット・カシラギに、カーリー・クロス、ソフィー・ターナーの3人が、立て続けに6月に2度目のウエディングを敢行! ふむふむ、やっぱりジューン・ブライドへの憧れは根強いのね~。

【セレブのLOVE&ファッション】記事一覧はこちら

シャルロットは、映画プロデューサーで、女優のキャロル・ブーケの息子であるディミトリ・ラッサム。5月にモナコ公宮殿で民事結婚式を挙げたふたりが2度目の挙式で選んだのは、シャルロットが子供時代を過ごしたお気に入りの土地、フランス南部のサン=レミ=ド=プロヴァンスの郊外。

前回の式ではシャネルのストラップドレスに、シャルロットの祖母であるグレース・ケリーの形見のカルティエの3連ネックレスを合わせていたけれど、今回はジャンバティスタ ヴァリのフリルとレースが特徴的な、フェミニンなドレスをチョイス。このドレスは、母のモナコ公女、カロリーヌ・ド・モナコが以前結婚式で着用したウエディングドレスへのオマージュが込められているそう。

どちらもシャルロットが家族というものを大切にしている、愛情を感じるようなエピソード。

ブーケにはプロヴァンスの名産物であるラベンダーが使用されたほか、ゲストへのプチギフトもラベンダーのミニギフト。その土地ならではのおもてなしアイデアも素敵よね♪

シャルロットと同じプロヴァンス地方の古城で2度目の挙式をしたのは、ジョー・ジョナス&ソフィー・ターナー。ふたりは5月1日にラスベガスのリトル・ホワイト・チャペルで結婚したけれど、今回ロマンティックなお城でのセカンド・ウエディングを決行。

ニコラ・ジェスキエールによるルイ・ヴィトンのウエディングドレスはスパンコールが輝くデザイン。ちなみに新郎のジョーはというと、ベルッティのブラックタイにクリスチャン ルブタンのシューズという出で立ち。

そしてイヴァンカ・トランプの義理の弟にあたるジョシュア・クシュナーと結婚したカーリー・クロスは、ワイオミング州サラトガにある高級リゾート、ブッシュ・クリーク・ランチで2度目のウエディング。

1/2ページ

最終更新:7/22(月) 20:10
with online

記事提供社からのご案内(外部サイト)

withonline

株式会社講談社

2018年12月号
10月26日発売!

定価680円

メインターゲットの20代オシゴト女子の
幸せなライフスタイルを「with」が
全面サポートします!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事