ここから本文です

ホルムズ海峡まさかの緊張、英イランが互いに拿捕したタンカーの解放求め

7/22(月) 19:00配信

ニューズウィーク日本版

トランプ政権の強硬政策を発端にして、イランとイギリスが一触即発の事態に

ホルムズ海峡で7月19日、イランの革命防衛隊がイギリス船籍のタンカー「ステノ・インペロ」を拿捕した問題で、イギリスはタンカーの解放をイランに求め、制裁も検討し始めている。イランにしてみれば、これは報復だ(そう認めてはいないが)。英領ジブラルタル沖では4日、パナマ船籍のイランのタンカー「グレース1」が、EUの制裁に反してシリアに石油を運ぼうとしたとして英海軍に拿捕された。実のところそれはアメリカの要請だったと後でわかったときにはもう遅く、イランとイギリスは互いのタンカーを人質に睨み合っている。

イラン革命防衛隊(IRCG)が英船籍の船を拿捕したときの動画を見る

ジェレミー・ハント英外相は20日、イランのジャバド・ザリフ外相と電話で会談。ハントはその後ツイッターで、ステノ・インペロが拿捕されたことに「大きな失望を伝えた」と投稿した。その1週間前にイラン側は、ペルシャ湾で高まっている緊張を「緩和」させたいとの考えを「断言」していたにもかかわらず、「正反対の行動を取った」とハントは述べた。

ハントはツイッターで「打開策を見いだしたいならば(そのプロセスは)言葉ではなく行動で」示されるべきだとし、「イギリスの船舶は保護されなければならないし、されるだろう」と述べた。

またハントは、内閣府ブリーフィングルームの会合で「(私は)イギリスが緊張緩和を望むことを再確認するとともに、ステナ・インペロがオマーン近海で国際法に反して拿捕されたことを確認し、ホルムズ海峡においてイギリスや各国の船舶の安全をいかに確保するかについて話し合った」とも述べた。

「イギリスはアメリカの経済テロの共犯者」
19日に非同盟諸国首脳会議出席のためニューヨークからベネズエラに向かったザリフもまた、ツイッターでグレース1の拿捕に触れつつ自らの考えを述べた。

グレース1の拿捕の直後、スペイン(イギリスと同じくEU加盟国だがジブラルタルの領有権を主張している)政府は、拿捕がアメリカの要請で行われたことを暴露。アメリカは核合意から離脱して以降、イランに対し経済制裁を科している。

ザリフは20日、ツイッターで「ジブラルタル海峡における(イギリスの)海賊行為と異なり、ペルシャ湾におけるわが国の行動は国際海洋ルールに則っている。ニューヨークでも述べた通り、ペルシャ湾とホルムズ海峡の安全を保証しているのはイランだ。イギリスはアメリカの経済テロの共犯者であるのをやめなければならない」と述べた。

イランの最高指導者アリ・ハメネイもイギリスの「海賊行為」を非難。ハメネイらイラン指導部は報復を示唆しているが、イギリスのタンカー「ブリティッシュ・ヘリテージ」がイラン革命防衛隊によって拿捕されそうになったが英フリゲート艦モントローズに阻止された、とするアメリカの主張については否定している。

革命防衛隊は19日、ステナ・インペロが拿捕された際のビデオを公開。また声明で、ステナ・インペロはナビゲーション機器のスイッチを切っており、誤った航路から海峡に入り、複数回の警告を無視したと主張した。

1/2ページ

最終更新:7/22(月) 19:49
ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2019-8・27号
8/20発売

460円(税込)

【特集】香港の出口
拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事