ここから本文です

イマドキ離婚の3つの形「“疑惑”だけで決断」「10年かけて準備」「憎む前に別れる」

7/22(月) 8:00配信

週刊女性PRIME

「最近、新しいタイプの離婚をちらほらと聞くようになった」というのは、作家の亀山早苗さん。“従来とは違う”現代の夫婦たちのリアルな離婚理由に迫った。

“疑惑”レベルで離別を決意「不信感離婚」

 浮気三昧の夫の言動に耐えたという話は、いまは昔。現代は浮気「疑惑」であっさり別れる女性がいる。

 アキさん(38=仮名、以下同)が友達の結婚パーティーで知り合った同い年の彼と結婚したのは33歳のとき。

「結婚して3年、娘がまだ1歳になったばかりのころに、夫の帰宅時間が妙に不規則になったり、初めて外泊したりしたんです」

 今から3年前のことである。浮気だという確固たる証拠はない。夫を問いつめても、「仕事が忙しかった」「付き合いで行った飲み会で、上司に酔いつぶされた」などと言い訳をする。

 毎日遅いわけではないが、どこか挙動がおかしい。突然、花を買って帰ってきたときは、ほかの誰かに渡したかったのではないか、と疑念を抱いた。

 何かが不自然だとアキさんは感じたのだった。

 そんな状態が3か月ほど続き、アキさんは子どもを連れて実家に戻った。

「夫を信頼できなくなったんです。浮気していようがいまいが、それはどうでもいい。信頼感がなくなっても夫婦でいる、ということに意味がないと思って……」

 我慢する気はなかった。というのも、自宅から30分ほどのところに住む両親が「いつでも帰っておいで」とエールを送ってくれていたからだ。

「出産後も私は職場復帰していましたし、きちんと仕事も続けていきたかった。仕事と娘は大事だけど、信頼がなくなった夫はストレスにしかならない」

 夫はあわてて彼女の実家にやってきたが、アキさんはストレス源となった夫を許容しようとはしなかった。

「うちの親でさえ、もう1度やり直してみたらと言ったけど、私は時間のムダだと断言しちゃいました」

 離婚して3年、夫はときどき娘に会いにくる。それは彼女も拒絶しない。夫婦ではなく、娘の親同士としてなら付き合っていけるかな、と思っている。

1/3ページ

最終更新:7/22(月) 8:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」9/3号

定価400円(税込)

「週刊女性PRIME」では「週刊女性」本誌の一部記事のほか「週刊女性PRIME」独自の記事を読むことができます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事