ここから本文です

次世代ICOの呼び声も?「IEO」や「STO」にブームは来るのか

7/22(月) 5:00配信 有料

幻冬舎ゴールドオンライン

ICOブームの陰で消えた「2兆2638億円」だが…

幻冬舎ゴールドオンライン

ブロックチェーンを活用した資金調達手段「ICO(Initial Coin Offering)」。2018年には、資金調達額が2兆2638億円を超え、空前のブームとなっていたが、世界各国で規制強化の動きが強まり、一気に下火に。そのなか、注目を集めているのが「次世代ICO」との呼び声が高い「IEO(Initial Exchange Offering)」と「STO(Security Token Offering)」である。本記事では、仮想通貨FXトレーダー向けサイト「3分で分かる暗号資産とFX」を運営するBULLヒロ氏が、IEO・STOブームの実現性を考察する。 本文:2,692文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込110

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

BULLヒロ

最終更新:7/22(月) 5:00
幻冬舎ゴールドオンライン

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る