ここから本文です

【世界水泳】感動の表彰式 ライバル3選手が池江璃花子へ、手のひらにエール「Rikako NEVER GIVE UP」

7/22(月) 21:28配信

THE ANSWER

池江の得意種目100mバタ、親友ショーストロムら3選手が手のひらにメッセージ

 世界水泳(テレビ朝日系で独占中継)の競泳第2日は22日、女子100メートルバタフライ決勝で行われた。表彰式でメダルを獲得した3選手が白血病により闘病中の池江璃花子(ルネサンス)に向け、手のひらにメッセージを書いてエールを送る感動の一幕があった。

【画像】日本へ届け、池江璃花子と並んで笑顔で…最強の宿敵ショーストロムが公開していた“貴重2ショット”の実際の写真

 優勝したマーガレット・マクニール(カナダ)を筆頭に、池江の最強のライバルで2位に入ったサラ・ショーストロム(スウェーデン)、3位のエマ・マキーオン(オーストラリア)が、それぞれ「Rikako」「(ハートの絵文字)」「NEVER」「GIVE UP」「Ikee」「(ハートの絵文字)」を書いた手のひらをカメラにかざし、笑みを送った。

 100メートルバタフライは池江が昨年のパンパシ水泳で優勝するなど、得意にしている種目。特にショーストロムは一緒に合宿を行うなど、ライバルであり、親友でもある。昨年10月にはトルコで共同合宿。女王から大いに刺激を受けた池江は、11月のW杯東京大会女子100メートルバタフライで短水路日本新を出し、ショーストロムを破った。

 今年2月に池江がツイッターで白血病と診断されたことを公表。これを受け、ショーストロムは自身のインスタグラムで池江との2ショットを投稿し、「友人であるリカコ・イケエが白血病と診断されたことを聞いて、涙があふれている。私のありったけの力と愛を送る」とつづっていたが、病床で戦う盟友へ向け、心優しい言葉を新たに送った。

THE ANSWER編集部

最終更新:8/3(土) 1:52
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事