ここから本文です

【世界水泳】大橋悠依、涙の失格 背泳ぎ→平泳ぎのターンでキック違反、2大会連続メダルならず

7/22(月) 21:41配信

THE ANSWER

女子200メートル個人メドレーでまさかの結果

 世界水泳(韓国・光州、テレビ朝日で独占中継)の競泳第2日は22日、女子200メートル個人メドレー決勝で前回大会銀メダルの大橋悠依(イトマン東進)は失格となり、2大会連続メダル獲得は逃した。

【画像】韓国世界水泳で珍事! スタート台に不具合連発でまさか…やり直しで1人でレースするイタリア選手の実際の写真

 まさかの展開だった。大橋は序盤から遅れを取ったが、懸命に粘り、最後まで力を振り絞った。上位に食らいついて入線。しかし、振り返って電光掲示板を見ると、映ったのは「失格」。その光景を見るとがっくりとうなだれ、しばらく動くことができず。悔し涙を流した。

 報道陣に対応することはなかったが、日本水連が国際水連に確認すると、原因は背泳ぎから平泳ぎのターンをした後にドルフィンキックを2回したと取られたことだという。通常は1回だけ。日本女子エースの期待を背負い、日本勢メダル1号が期待されたが、よもやの結果となってしまった。

THE ANSWER編集部

最終更新:8/3(土) 1:52
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事