ここから本文です

【世界水泳】地元開催で… 韓国の五輪王者、不振の母国代表に声援「全てが終わったわけではない」

7/22(月) 22:56配信

THE ANSWER

朴泰桓が初日に会場訪問「最終日まで応援する」

 世界水泳(テレビ朝日系で独占中継)は21日に競泳が開幕。熱戦が繰り広げられているが、韓国競泳界のスターが会場に姿を現し、エールを送ったという。韓国紙「スポーツ朝鮮」が伝えている。

【画像】今大会のヒロイン候補? 「可愛すぎて、ずっと見ていられる」と女子選手もうっとり…代表内で「美人さん」1位の声が上がる22歳・大本里佳

 記事によると、21日に会場を訪れたのは朴泰桓。08年北京五輪400メートル自由形で金メダルを獲得し、韓国史上初めて競泳五輪メダリストとなった英雄だ。2大会で4個の五輪メダルを獲得している29歳は今大会に出場しておらず、母国の応援のために会場を訪れたという。

「選手たちが準決勝、決勝にたくさん進出すればと思うが、今日はキム・ソヨンだけ進出を決めた。それについては先輩であり、一選手として残念だ」と語った朴泰桓は「まだ全てが終わったわけではない。今日が初日なので他の種目でもっといい結果が出れば」「最終日まで応援する。みんな頑張って欲しい」とエールを送ったという。

 特に、自身が出場しておらず、大きな期待がかけられる女子のキム・ソヨンに向け「たくさんの期待、関心が重いと思うが、乗りきって欲しい。とても共感できる部分である。大変だと思うが決勝の舞台で自身が満足する成績、いい記録で終えられたらいい」とエール。母国の躍進を願っていたという。

THE ANSWER編集部

最終更新:8/3(土) 1:52
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事