ここから本文です

IC-CONNECT、筐体に丹銅を採用したハイブリッドイヤホンIkko「OH10 Obsidian」

7/22(月) 10:35配信

PHILE WEB

IC-CONNECTは、同社が取り扱うikko Audio(アイコーオーディオ)の新製品として、ハイブリッドイヤホン「OH10 Obsidian」を7月26日に発売する。価格はオープンだが、22,980円前後での実売が予想される。

【画像】人間工学に基づいた形状を採用

筐体には真鍮よりも銅を多く含有する丹銅(たんどう)を採用する。これにより不要な振動を抑制し、「どっしりとした柔らかく温もりのある低域」「深みのある豊かな中高域」を実現したとのこと。ハウジングと音導管は一体成型とすることで、強度も追求されている。

ハイブリッド型の構成を採用しており、ドライバーには2基のバランスド・アーマチュア(Knowles製33518)と、10mmのチタンメッキポリマー振動膜を採用したダイナミックドライバーを1基搭載する。

ハウジング形状においては、人間工学に基づいた設計で、耳への収まりがよい快適な装着感を目指した。重量のある丹銅を採用したことによる耳への負担も、装着感を良くすることでカバーしており、ずれるといったこともないとしている。

リケーブルに対応しており、コネクターには2PIN(0.78mm)を採用。付属ケーブルには銀メッキのOFCケーブルが採用され、プレーヤー側プラグは3.5mmミニプラグ(L型)となっている。ケーブル長は1.2m。

そのほか再生周波数帯域は20-40kHzで、インピーダンスは18Ω。感度は106dBとなる。

編集部:平山洸太

最終更新:7/22(月) 10:35
PHILE WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事