ここから本文です

SKE48・松本慈子、初選抜を知った後に北川綾巴と大号泣<インタビュー>

7/22(月) 6:00配信

ザテレビジョン

昨年10月に劇場デビュー10周年を迎えたSKE48。7月24日(水)に25枚目のシングル「FRUSTRATION」をリリースする。

【写真を見る】松本は選抜メンバーを聞いた後、北川綾巴と大号泣したという

同楽曲はブラックミュージックのテイストを取り入れ、MVはアメリカ・ロサンゼルスで撮影を敢行。井上瑠夏、野島樺乃、松本慈子、浅井裕華が初の選抜入りを果たし、センターポジションには古畑奈和が立つ。

「ザテレビジョン」では、今回の選抜メンバーの中から3組4名を取材。初回となる今回は、松本&同期の荒井優希という関西出身メンバー2人のインタビューをお届けする。

■ 初選抜入りの松本「やっと実感してきました」

――まずは今作で初選抜の松本さんに、選抜入りを聞いたときの心境を振り返ってもらいたいと思います。

松本:発表を聞いたときは実感がなさ過ぎて、涙が出るかなー?と思ったんですけど、出なかったですね。そのときはただただ驚いて、MV撮影をしたり、こうやって取材を受けたりしている中で、やっと実感してきました。

まだ握手会でファンの方に直接「選抜に入ったよ」って報告できていないので、早く握手会をしたいなって気持ちでいっぱいですね。

――今回の選抜メンバーの発表って、皆さんどういうふうに聞いたんですか?

松本:初選抜組は面談があるって呼び出されて発表されました。その後にメールで「MV撮影があります」っていうのが他のメンバーにも届いたらしくて。それを見た優希ちゃんからすぐに「おめでとう!」ってLINEがきてうれしかったです。

――荒井さんは松本さんの選抜入りを聞いたときの気持ちはどうでしたか?

荒井:すごくうれしかったし、発表されたときの映像がめっちゃかわいかった(笑)。あれってカメラで撮ってた?

松本:小型カメラみたいなので撮ってた。

荒井:私のとき(※1)って、湯浅さん(※2)に発表されたわけでもないし、撮ってたのもスマホだったんですよ。しかも、MVを撮ってたときの映像で選抜発表のVTRが作られたから、その初選抜って聞いたときに撮った映像は使われてなくて。言われた瞬間はホームビデオみたいになってたはず(笑)。

――ホームビデオですか(笑)。

荒井:まず、湯浅さんが来てない時点でちょっとおふざけ感が出るんですよ。よく知ってるマネジャーさんが何人かいて、1人はスマホを持って撮影してて(笑)。そういうテンションだったから…ちかちゃんは湯浅さんからでしょ? すごく緊張したんだろうなって思った。

松本:怖かった。何かやらかして怒られるのかなって。その状態からの選抜発表だったから、涙は出なかったですね。

■ 選抜メンバーを聞いて“慈巴”2人で大号泣

――今作は北川綾巴さんが選抜から外れてしまって、“慈巴(じっぱー)”が2人そろって選抜に入るのを期待していたファンもいたと思うんですが、綾巴さんとは何かお話をしましたか?

松本:発表される直前まで一緒にいたんです。「これから面談やねん。待っててください」って言って、私だけ呼ばれたところに行ったら、そこで発表があって。「今回の選抜メンバー誰なんですか?」って聞いて、綾巴さんの名前がないことを知りました。

それを聞いた後に本人と話して大号泣して。そしたら綾巴さんもつられて大号泣しちゃったんです。

――荒井さんは「Stand by you」から続いて2回目の選抜入りですが、前作から選抜メンバーとして活動してきて、何かそれまでと変わったことってありましたか?

荒井:前作は私だけが初選抜だったから、みんなが分かることも1人だけ分からなかったりして、ついていくのに必死だった部分もありました。イベントでも、大人数で披露する曲で選抜のポジションに入るのが私は初めてで。選抜じゃないときに、そのポジションの外側で踊っている時間が長かったから、その位置で初めて踊るって曲も多かったです。1人だけ初めてということで緊張もしてましたね。

でも、今は前作から半年くらいたって、その間に選抜としていろんなイベントやお仕事に出させていただいたので、緊張せずに楽しめるようになりました。

――今作のMVはLAで撮ったと聞きましたが、いかがでしたか?

荒井:ホントに楽しかったです(笑)。

松本:最高でした。

荒井:何か「外国の人だな」って思う瞬間が多くて(笑)。いろんな人と友達になりました。目が合ったら話し掛けてきてくださったり、気さくな人が多かったですね。英語は話せないんですけど、ノリで仲良く喋れた感じがしました。

――松本さんはどうでしたか?

松本:住みたいなって思いました。雰囲気が大好きで、歩いてるだけで幸せでしたし、ましてや初選抜でLAで撮影って言うのがもう…!

――映画がお好きですから、テンション上がったんじゃないですか?

松本:そうなんですよ! 優希ちゃんと一緒にハリウッドも見に行ったんですよ。

荒井:“ハリウッドサイン”を見に行ったね。

松本:またここに、アカデミー賞の授賞式とかを見に来たいなって思いました。

■ 荒井念願の泡パーティーは予想以上に苦戦?

――MVはレゲエのダンスだったり泡パーティーだったり、今までのシングルとはちょっと違うテイストになっていると思うんですけど、撮影を振り返ってみてどんなことが印象に残ってますか?

荒井:あんなに泡に囲まれたのは初めてでした。

松本:すごかったね。

荒井:プライベートでも泡パーティーに行きたくて、去年の夏はずっと検索してたんですよ。でも、名古屋開催の泡パーティーは全部終わってたんです。だから念願の泡パーティーだったんですけど、実際にやってみると、泡とうまく触れ合うのが難しかったです。

松本:思った以上に大変だったけど、LAじゃないと撮れないMVだったんじゃないかなって思います。東京だったら、例えばサングラスを掛けて街中を歩くのって恥ずかしくてできないけど、LAだからこそ、恥じらいもなくサングラスを掛けてちょっとカッコつけたりできたんじゃないかなって。

――去年の夏は泡パーティーをやりたかったということですが、今年の夏にやりたいことはありますか?

荒井:フェスを見に行きたいです。出るのも楽しいんですけど、逆に見る側ってどんな感じなんだろうって最近すごく気になってるので、いろんなフェスやライブに行きたいなって思ってます。

松本:私はスキューバダイビングがしたいです。実は免許も持っているんですけど、SKE48に入ってから行けていなくて。沖縄とかに行って潜りたいなって思います。

――ちょっと話は変わりますが、松本さんは今年2月に2回目のチームS副リーダーに就任しましたが、2回目だからこそこうしようと思っていることや、やっていることってありますか?

松本:前にも副リーダーをやっていて、2017年に一度外れたとき、そこで気持ちが軽くなったんです。私に代わって副リーダーになった先輩を見て、こういう副リーダーもあるんだなってすごく勉強になりました。

「自分は副リーダーなんだ」とかそういうことを思わなくても、自分の背中で語れるような、後輩からついて行きたいって思ってもらえるような先輩になりたいって思っていたタイミングで、まさかの2回目に選ばれて。

やっぱり最初のときよりは成長した姿を見せたいし、みんなのお手本になるようなカッコいい人になろうって気持ちとか、先輩から学んだことをちゃんと後輩に教えてあげようって意識が、最近は一段と強くなりました。

――ちなみに、チームKIIは内山命さんが卒業して副リーダーが現状いませんが、荒井さんはやってみたいとか思いますか?

荒井:思わないです(笑)。やっぱりね、のびのびやらせてもらいたい。私じゃない気がしますね(笑)。

松本:でもできそう。なったらなったでちゃんと。

荒井:まぁ“立場が人をつくる”って言うし(笑)。

――では最後に、改めて「FRUSTRATION」のアピールをファンの方に向けてお願いします。

荒井:前作の「Stand by you」から続いて2作目の選抜なんですけど、「Stand by you」とは全く違った曲になっているので、また違った一面を見せられるように、ファンの方が驚くようなパフォーマンスができるようにみんなで頑張りたいと思うので、たくさん聴いて、たくさん見てほしいです。

松本:今回の楽曲でまた新しいSKE48をお見せできるかなと思います。曲の合間には一緒に掛け声ができるところもあるので、そこで一緒に声を出してほしいですし、SKE48のことを知らない人にも興味を持ってもらえるきっかけになればと思うので、たくさんの方に聴いていただきたいです!

※1=前作「Stand by you」で初選抜/※2=湯浅洋 劇場支配人(選抜発表時)(ザテレビジョン)

最終更新:7/26(金) 16:58
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン34号
8月16日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事