ここから本文です

AKB48 56thシングル「サステナブル」のセンターは1st写真集発売間近の矢作萌夏

7/22(月) 22:00配信

ウォーカープラス

AKB48半年ぶりの、56thシングル「サステナブル」が9月18日にリリース決定!19名の選抜メンバー、そして、そのセンターに“みんなのことがすちすち大すち”な“萌ちゃん”ことAKB48 矢作萌夏さん(17歳)が大抜擢された。7月24日(水)フジテレビ系「FNSうたの夏まつり」で超々先行初披露される。

【画像を見る】AKB48 56thシングル「サステナブル」のセンターは矢作萌夏さん。1st写真集「自分図鑑」セブンネットショッピング限定版

矢作萌夏さんは、2018年1月21日にTDCホールで開催された「第3回AKB48グループドラフト会議」で見出された、まだ在籍1年半、「すち」が口ぐせの現役高校生メンバー。そのポテンシャルは高く、54thシングル「NO WAY MAN」のカップリング曲「最強ツインテール」で初のセンター、続く55th「ジワるDAYS」では若手ユニット“Sucheese”「屋上から叫ぶ」でもセンターを務めている。また、本年1月16日には自身が見出されたTDCホールでグループ最速のソロコンサートを成功させた逸材である。加えて、8月7日には初のソロ写真集「自分図鑑」(白夜書房)の発売も控えている。

デビューから初代総監督高橋みなみさんの卒業までの「AKB48第1章」、2代目総監督 横山由依さん就任から指原莉乃さんの卒業までを「第2章」とすると、「AKB48 第3章」の幕を開けるのは今作の選抜メンバーたちであり、新センター矢作萌夏さんでもある。7/24(水)「FNSうたの夏まつり」、新しいAKB48の幕開けに注目だ。

■ <センター AKB48 チームK 矢作萌夏さんコメント>

センターだと初めて聞いた時はビックリしすぎて、正直覚えていません..! ありえないくらい大きい声を出してしまったかも..!!!。今は、嬉しさと緊張とでいっぱいです。AKB48に入りたいと思った日からこの「センター」というポジションをずっと目指してましたが、デビューから1年少しでAKB48のセンターに立たせていただくことは、まさか叶うなんて思わなかったですし、とても貴重な経験だと思います。偉大な先輩方とともにつくりあげていくこれからのステージで、多くのことを学びたいです。AKB48を背負っていく次世代メンバーとして認めていただけるように、私らしく、精一杯頑張ります!「新曲」は可愛さいっぱいの曲です!夏にぴったり~!!「FNSうたの夏まつり」で初披露できるなんて嬉しいです!沢山の方々に見ていただけるチャンスなので、いっぱいカメラを見つけてすちすちビームをくらわせたいと思います!(笑)

■ AKB48 矢作萌夏 1st 写真集『自分図鑑』8月7日(水)発売!

AKB48 矢作萌夏さん1st 写真集『自分図鑑』が、8月7日(水)に発売される。昨年1 月にドラフト3期研究生として加入し、12月には正規メンバーに昇格した矢作萌夏さんの、グループ史上最速となる写真集発売となる。写真集の制作は、今年の1月に行われたソロコンサート「AKB48 矢作萌夏ソロコンサート~みんなまとめてすちにさせちゃうぞ♡~」にてサプライズ発表された。撮影ロケ地に選ばれたのは、世界有数のリゾート地であるインドネシア・バリ島。初めての海撮影やプール、緑あふれる絶景スポット、ナイトマーケットなど、16歳(撮影当時)の矢作萌夏さんの瑞々しい魅力が満載となっている。

表紙で使用した写真は通常版・セブンネットショッピング限定版ともに、本人が「初めての写真集で叶えたかった」シチュエーション(花風呂)・衣装(制服)でのカットを採用。本編では3泊4日で行われたバリ島でのロケ撮影のほか、今年4月に開催された「AKB48 グループ 春のLIVE フェス in 横浜スタジアム」での独占密着ステージショット・舞台裏ショットも収録。

一冊を通して、一人の女の子、そしてアイドルとして日々更新し続ける矢作萌夏さんの「今」を切り取ったメモリアルな仕上がりに。また、矢作萌夏さん本人が現地で撮影した「萌ちゃんカメラ」と、同行スタッフ撮影のオフショットによって構成されたページは、本人の手書きコメントとともに絵日記風に掲載。収録インタビューは、矢作萌夏さん史上最長となっており、撮影秘話や彼女の幼少期から現在を振り返ったロングインタビューになっている。

発売日である8月7日(水)には、福家書店新宿サブナード店でお渡し会イベントが開催される(※予約受付はすでに終了)。そのほか、写真集関連の施策やオフショットなどは、写真集公式ツイッターアカウント@moeka_1st)にて随時更新中。9月18日に発売となるAKB48 56th シングル『サステナブル』では表題曲初センターに大抜擢、そしてさらなる高みを目指す矢作萌夏さんの初写真集。今後ますます注目度が増していくであろう矢作萌夏さんのことが「すち」にならざるをえない最高傑作!

■ <秋元康総合プロデューサーから寄せられた帯コメント>

矢作萌夏は、何も考えていないようで、実はしっかり考えているのだ。

賢い子どもが、冷静に大人を見るように...。自分のことさえ、客観的に観察している。

(東京ウォーカー(全国版)・野木原晃一)

最終更新:7/23(火) 1:04
ウォーカープラス

記事提供社からのご案内(外部サイト)

冷感グルメ2019
ひんやりグッズ27
マッチングアプリ
TOKYOの避暑地

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事