ここから本文です

久保建英、レアルデビューに海外ファンも熱狂…賛辞続々「最高点」「スキル発揮」「印象的」

7/22(月) 7:20配信

Football ZONE web

バイエルン戦の後半から出場した久保をファンも高評価、主力組とのプレーに期待

 今夏、FC東京からスペインの名門レアル・マドリードに移籍した日本代表MF久保建英が、新天地でデビューを飾った。トップチームの北米ツアーに帯同している18歳の日本人アタッカーは、現地時間20日(日本時間21日)に行われたインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)初戦バイエルン戦で後半から出場。試合には1-3で敗れたが、久保のパフォーマンスを受けて、レアル公式SNSには賛辞が相次いでいる。

【動画】「最高点」「印象的」「スキル発揮」とファン賛辞! レアルデビューの久保建英、圧巻スキルで局面打開――2人翻弄の華麗ドリブルの瞬間

 試合は前半15分、バイエルンのフランス代表MFコランタン・トリッソに被弾。ハーフタイムにジネディーヌ・ジダン監督は11人の総入れ替えを決断し、背番号26の久保もピッチに送り込まれた。

 キックオフ直後に卓越したタッチで相手2人を翻弄するドリブルを披露した久保は、後半17分に絶妙なスルーパスからブラジル人FWヴィニシウス・ジュニオールのチャンスを演出。後ろまで下がってボールを散らしたかと思えば、守備ブロックの間に入り込んで攻撃の起点となるなど、デビュー戦とは思えない存在感を示した。

 クラブ公式ツイッターが試合の結果を速報し、プレシーズン初戦の出来に落胆するファンの声も多く並んだ一方、ポジティブな評価を得た1人が久保だった。「最高点は久保、ロドリゴ、アザール」「アザール、ロドリゴ、久保は印象的だった」という声が上がり、前半に好パフォーマンスを見せた新加入のベルギー代表MFエデン・アザール、後半に強烈FKを決めた新加入MFロドリゴに加え、久保の名前が挙がっている。

 また「前半のチームに久保+ロドリゴ」という指摘もあり、主力組の中で久保とロドリゴをテスト起用するべきとの意見も並んだなか、「久保、ヴィニシウス、ロドリゴはスキルを発揮した」など日本人MFは高い支持を得ている。

 黒星発進となったレアルは、アーセナル(現地時間23日/ワシントンDC)、アトレチコ・マドリード(26日/イースト・ラザフォード)との試合を控えるが、久保はさらなるインパクトを残せるだろうか。

Football ZONE web編集部

最終更新:7/22(月) 10:33
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事