ここから本文です

「小さな日本の魔術師」 ポルト中島翔哉の現地評価が上昇「常に相手にとって危険」

7/22(月) 11:50配信

Football ZONE web

ポルト2戦目のベティス戦ではポスト直撃の強烈ミドル弾 「美しいシュート」

 今夏ポルトガルの強豪ポルトに移籍した日本代表MF中島翔哉は、現地時間19日に行われたプレシーズン2戦目となるベティス戦に先発出場。1-1の引き分けに終わった試合で中島は、前半33分に左ポスト直撃の強烈なミドルシュートを放つなど存在感を放ち、現地メディアからも「この試合でもポジティブだった」と評価された。

【動画】“日本の魔術師”中島翔哉、ベティス戦で強烈ミドル! 「美しいシュート」が左ポストを叩いたシーン

 中島が移籍したポルトは、16日のフルハム戦(1-0)に続いて19日にプレシーズン2試合目となる親善試合でベティスと対戦した。中島にとって思い出の地となるポルティモネンセのホームスタジアムで行われた一戦は、前半13分にベティスの新加入選手であるスペイン代表FWフアンミにヘディングシュートを決められ、1点を追う展開となった。しかし同31分に、今季スパルタク・モスクワからポルトに加入したカーボベルデ代表FWゼ・ルイスが、左足のミドルシュートを突き刺して同点に。その後スコアは動くことなく、1-1のまま突入したPK戦を5-4で制した。

 双方とも新加入選手が活躍する試合となったが、中島も見せ場を作っている。10番を背負って左サイドで先発した中島は、開始早々から積極的にシュートを狙っていった。そして前半33分、センターサークル付近で縦パスを受け、ドリブルでゴール前まで駆け上がる。右足を振り抜きミドルシュートを狙ったが、惜しくも左のゴールポストに弾かれてしまった。

 前半45分間だけの出場となったが、ポルトガル紙「オ・ジョゴ」は、「ゼ・ルイスはゴールを決めて、中島のシュートはポストに」と見出しを立て一面で報道。新戦力を中心にポルトの活躍ぶりを伝えている。

 ポルトガルメディア「Notícias ao Minuto」は、「フルハム戦で良い兆候を見せていた日本人選手は、この試合でもポジティブだった。スピードに乗ってボールを運ぶ時は、常に相手にとって危険で混乱を巻き起こす。ペナルティーエリア外からの美しいシュートでベティスゴールのポストを叩いた」と、中島を高く評価している。

1/2ページ

最終更新:7/22(月) 12:41
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事