ここから本文です

レアル“構想外”のベイルを勧誘? 移籍先候補バイエルンMF「来たいのなら大歓迎」

7/22(月) 22:30配信

Football ZONE web

両翼退団でウイング補強が急務のバイエルン チアゴがベイル獲得に言及

 レアル・マドリードのウェールズ代表FWギャレス・ベイルの移籍に関して、各国メディアの報道が過熱している。そうしたなか、移籍先候補の一つとして挙げられているバイエルンのスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラは、「ベイルが来たいのなら大歓迎だ」と語ったと、英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じた。

 レアルは現地時間20日(日本時間21日)にインターナショナル・チャンピオンズ・カップ(ICC)初戦でバイエルンと対戦し、1-3で敗れた。その試合後の会見でレアルのジネディーヌ・ジダン監督が「退団のために動いている」と、ベイルが構想外であることを明言。それを受けて、移籍報道が過熱している。

 マンチェスター・ユナイテッドや古巣のトットナムなどプレミアリーグへの復帰が噂されたが、高額な移籍金と年俸がネックとなり実現はしなかったと言われている。

 同様に、バイエルンもベイルの移籍先候補の一つとなっている。元オランダ代表MFアリエン・ロッベンと元フランス代表MFフランク・リベリーが退団してウイングの補強が急務となっているバイエルンは、チェルシーのイングランド代表FWカラム・ハドソン=オドイの獲得を狙ってきた。しかし、補強禁止処分を受けるチェルシーに放出する意思はなく、交渉は難航しているという。そこで方針を変更し、ベイルにオファーを出してもおかしくないと見られている。

 その状況を受けて、バイエルンに所属するチアゴ・アルカンタラはベイルがチームメートになることを歓迎すると語り、入団に対して前向きな発言をしている。

「入団を希望するトッププレーヤーは、誰だってここで歓迎される」

「僕にとっては非常にシンプルなことだよ。バイエルンのようなトップクラブでプレーして貢献したいと思い入団を希望するトッププレーヤーは、誰だってここで歓迎される。我々のドアは開かれている。ロッベンやリベリーとベイルは、同じようなポジションでプレーする。我々はロッベンとリベリーというこのクラブで歴史的な選手を失った。ベイルが来たいのなら大歓迎だし、ここへ来たいというトッププレーヤーは誰でも大歓迎だよ」

 ウイング補強が急務となっているバイエルンにとって、ベイルは願ってもない選手なのだろう。しかし、他クラブと同様に高額なコストが問題となりそうだ。一時は“飼い殺し”が濃厚と言われたベイルだが、新シーズンはどこでプレーするのだろうか。その去就への注目は高まるばかりだ。

Football ZONE web編集部

最終更新:7/22(月) 22:30
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事