ここから本文です

中高一貫校の入試スタイルが激変し始めた事情

7/22(月) 5:40配信

東洋経済オンライン

 中高一貫校が再び人気になっている。

 日能研の推計によると、首都圏(東京、神奈川、千葉、埼玉)では一貫校の受験者数が4年連続で増加中。来年の入試では2011年以来の受験者数6万人台回復の可能性が高い。この時期は、来年の入試に向けて学校説明会の開催が相次いでいるが、多くの学校で例年以上の参加者を集めている。

【写真】聖学院中の「ものづくり思考力入試」はレゴを使う

『週刊東洋経済』7月22日発売号は、「子どもが幸せになる学校選び 中高一貫校」を特集。中高一貫校の新しい動きなどについて紹介している。

■東京23区の人口増に連動して受験者数増

 首都圏を中心とした中高一貫校の受験者数増の背景には、人口増加がある。とくに一貫校への受験率が高い、中央区、千代田区、文京区、江東区など東京都心部で児童の数が増えている。一貫校で育った保護者が増えていることも理由の1つに挙げられる。

 2021年度入試から予定される大学入試改革の影響も大きい。センター試験の代わりに導入される「大学入学共通テスト」では国語などで記述式問題が導入される。さらに、英語民間試験を活用した英語4技能(聞く、話す、読む、書く)の評価や、「主体的に学ぶ力」を評価するための提出書類の改善なども改革のポイントだ。

 そして、従来から重視される「知識・技能」だけでなく、「思考力・判断力・表現力」や「学習の主体性」も求められている。

 そうした学力を私立や公立の一貫校であれば、6年間かけてじっくり養うことができると考えられているのだ。実際に一貫校では、「グローバル教育」、理数系教育に重点を置いた「STEM(ステム)教育」(=Science<科学>、Technology<技術>、Engineering<工学>、Mathematics<数学>の頭文字を取ったもの)、それにArt<芸術>を加えた「STEAM(スティーム)教育」など、時代の変化に対応した特色を打ち出す学校が目立つ。内部進学で大学まで進むことができる大学付属校の人気も高まっている。

1/3ページ

最終更新:7/22(月) 8:39
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい