ここから本文です

F・ルイス、新天地は母国ブラジルが濃厚。昨季アトレティコを退団した33歳

7/22(月) 11:20配信

フットボールチャンネル

 昨季でアトレティコ・マドリーを退団していたブラジル代表DFフィリペ・ルイスの新天地が決まりそうだ。21日付けのスペイン紙『マルカ』が報じている。

【写真特集】世界最高の選手は誰だ! プレイヤー能力値ランキング(10位~1位)

 同紙では、フィリペ・ルイスはブラジル1部フラメンゴと2年契約で合意に達したと伝えている。なお現在はフリーのため移籍金は発生しない。

 フィリペ・ルイスは2010年にアトレティコに移籍を果たす。通算333試合に出場しヨーロッパリーグ制覇を2度、リーグ優勝1度経験するなど合計6個のタイトルを獲得した。またブラジル代表としても6月に行われたコパ・アメリカ2019(南米選手権)で4試合に出場し優勝に貢献した。

 そんな国際経験豊富な33歳に対してはバルセロナやレバークーゼン、ボルシア・ドルトムントも興味を示していたようだが、最終的に母国でプレーする事を選択したようだ。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:7/22(月) 11:20
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事