ここから本文です

クロップ激怒のラフプレー…。セビージャ若手DFが謝罪「ピッチで見るべきものではなかった」

7/22(月) 22:58配信

フットボールチャンネル

 セビージャのDFジョリス・ニャニョンが、21日に行われたリバプール戦での危険なファウルを謝罪した。自身のSNSを更新している。

【写真特集】世界最高の選手は誰だ! プレイヤー能力値ランキング(1位~50位)

 アメリカでプレシーズンツアーを行っている両クラブは21日に対戦。新シーズンに向けた調整とアピールが続く中、ニャニョンはリバプールの若手DFヤセル・ラルーシを負傷交代に追いやる危険なファウルを繰り出し、一発退場となっている。

 リバプールのユルゲン・クロップ監督は怒りをあらわにし、重傷を免れたラルーシが「幸運だ」と話していた。

 ファウルの直後は興奮していた様子のニャニョンだが、すでに反省している様子。自身のツイッターで「リバプールと選手の家族、そしてサポーターに謝罪したい。悪質な行為だった。それはサッカーのピッチ上で見られるべきものではなかった。選手と彼の家族のために祈りたい」と記している。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:7/22(月) 22:58
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事