ここから本文です

武蔵丸の名古屋場所総括。4大関に喝。引退・安美錦は「お疲れ様!」。

7/22(月) 19:36配信

Number Web

 今場所は、なんと貴景勝、栃ノ心に豪栄道、高安と4大関が休場してしまい、最終的に横綱ふたりの優勝争いになった。日々の一番一番を見て、内容がよかったほうが勝つということだね。鶴竜のほうが白鵬よりもよかったもの。

 白鵬は勝ち星は挙げていたものの、余裕がなくて、白鵬らしい相撲になっていなかった。13日目の妙義龍戦では、首を極めて振り回して、これはダメだなぁ。これだけ優勝回数を重ねた自分の価値を、自分でわかっていない。

 勝ちたい気持ちはわかるけれど、やはり見本にならなきゃいけない立場なんだ。ああいう相撲を見ても、もうそろそろ限界に来てるんじゃないか、と思ってしまうな。

 4大関休場は、もうこれはアウト! だよ。

 恥ずかしいこと。

 ケガが多いということは、ちゃんと稽古して体を作っていない、戦う体ができていないってこと。

力がありすぎて強引な力技が多い栃ノ心。

 栃ノ心は初日から連敗で、休場を決めた最後の相撲は朝乃山戦だった。

 当たってから変わり気味に引いてしまったんだけど、真正面から当たってここで勝っていれば、流れも変わって来たかもしれないと思うんだ。

 結局、自分の相撲で勝たないと、自信にならないんだよね。せっかく先場所、大関に復帰して力があるのに、もったいない。もっと細かい技を覚えた方がいいんだ。ダテに力があるから強引な力技ばかりなんだよね。体が大きいから、相手に中に入られないようにするなどの工夫もこれからは大事だよ。

 高安は、今場所は調子がいいかと思っていたのに、肘のケガで休場。相撲を見てみると、肘を出しっぱなしなんだよね。ちゃんと出したり引いたりしないと、腕を取られたり小手に振られたりして、これがケガに繋がる。高安はどうも体が硬いようだし、反応が遅いんだよなぁ。大きな課題だね。

安美錦はいい親方になってくれるはず。

 安美錦がとうとう引退したな。

 まだ緊張感があるからガクッとは来ないかもしれないけれど、何年後かに、現役時代に無理を重ねた反動が出てくるんだ。引退した後もトレーニングして、筋力が落ちないようにしないとね。

 お兄ちゃん――3代目若乃花も、今は痛み止めを持ち歩いているくらい、あちこちが痛いって言ってたもの。

 もともと体も大きくなくて、頭で行く相撲だったから、特にあとあと、響いてくる。髪の毛が薄くなるのもしょうがないヨ。頑張ってきた証拠だからな。

 若い頃から、支度部屋で毎日四股を踏んで汗をかいて、準備運動している安美錦の姿を見てきた。「あれだけやったら、土俵に上がる前に疲れて力が出ないんじゃ?」と思うくらいだったよ。

 ここ数年は、前みつ取っての自分の相撲ではなく、誤魔化し誤魔化しの相撲になっちゃっていたけれど、当たって押していくなどがあったら、まだ取れたかもしれないな。とにかくお疲れ様! いい親方になってくれると思うよ。

1/3ページ

最終更新:7/22(月) 19:46
Number Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sports Graphic Number

文藝春秋

984号
8月8日発売

特別定価620円(税込)

<夏の奇跡の物語>甲子園旋風録。

【スペシャルインタビュー】 吉田輝星「金農旋風のど真ん中で」
【密着ドキュメント】 佐々木朗希「2つの大船渡旋風」

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事