ここから本文です

奈良にドリブル指導の仙人がいる。 全国に臨む五條高サッカー部の可能性

7/22(月) 18:17配信

webスポルティーバ

インターハイへの出場はじつに13年ぶり3回目。高校サッカー選手権への出場は一度もなく、プロ選手も輩出したことがないため、全国での知名度は決して高くない。ただ、高い技術力を前面に押し出したスタイルは魅力十分で、インターハイ開催の沖縄の地でダークホースとなりえる可能性を秘めるのが奈良の五條高校だ。

全国トップレベルの2校を倒した日体大柏が話題となっている

 県内の大会でコンスタントに上位に食い込みながらも、全国大会と縁遠かったのには理由がある。五條高校がある奈良県南西部の人口3万人ほどの五條市は、吉野杉の産地として知られる吉野山地と金剛山地に囲まれた自然豊かな場所だ。

 市内を走る電車は1時間に1本しかなく、最寄り駅から学校まで山道を30分近く歩かなければならない。山間部の入学者を受け入れるための寮やスクールバスもあるが、学校に興味があっても通学の不便さを理由に断念する生徒は少なくない。

地元の子どもを育てようとしても、そもそものサッカー人口が少ないため、中学生年代のクラブチームが多い県北部の奈良市の高校などと比較すると分が悪い。

 そうしたハンデを抱える一方で、2017年の春には奈良県南部のサッカーの拠点として、校内のグラウンドが人工芝となった。奈良県内の公立高校で人工芝グラウンドを持つのは、ラグビーの強豪として知られる御所実業高校に続き2例目で、サッカー部としては初めて。環境の良さを理由に、これまで以上に優秀な人材が五條高校の門をたたくようになった。

たとえば、今年の代のキャプテンを務めるMF池田達哉(3年)は多数のプロ選手を輩出する名門・ディアブロッサ高田FCU-15の出身で、県外の強豪でもスタメンを張るだけの力を持った実力者だ。兄が五條高校に在籍した縁もあり、毎日2時間近くかけて通学している。

 10番を背負うMF中山幹太(3年)も市外からの通学者で、家の近所に全国大会への出場経験がある学校があったにも関わらず、人工芝での練習に魅力を感じ、五條高への入学を決めた。

 環境の良さとともに五條高の魅力として挙がるのは、県内では珍しいドリブルを前面に押し出したスタイルだ。指導するのは、五條高に赴任して20年目を迎える吉岡一也監督(63歳)。

 高校サッカー選手権優勝の経験を持つ野洲高校(滋賀県)や、同準優勝を経験している久御山高校(京都府)のドリブルサッカーの源流を作り、FW前田俊介(現・沖縄SV)やMF阿部浩之(現・川崎フロンターレ)らを育てた故・中瀬古宣夫氏(元ディアブロッサ高田FCU-15監督)の下でサッカーを学んだ人物である。以前に赴任していた上牧高校では、「パス禁止」のドリブルチームを作り、全国大会に3回導いている。

 練習は他のチームと一味違う。放課後に行なう3時間の練習のうち半分は、3号球を使ったドリブル練習だ。コーンドリブルでボールタッチを磨くと、次に対人練習で相手をかわすための間合いを身体に染みつかせる。狙いについて吉岡監督はこう明かす。

「ドリブルは小学校からやっていないとうまくならないという人もいるけど、そうではないと思う。高校生でもたくさんボールを触れば上達できる。うまくなれば自分に自信が持てるし、心に余裕が生まれればプレーに余裕が生まれる」

 試合では指示を飛ばすが、選手の自主性を重んじて伸び伸びとプレーしてもらうために、練習では選手の動きに口を挟まない。楽しみながらも懸命にドリブル練習に励む選手を見守る姿は、学校の立地も相まって、さながら"山奥にいるドリブルの仙人"といったところだろうか。

1/2ページ

最終更新:7/23(火) 23:57
webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
4月4日(木)発売

定価 本体1,800円+税

フィギュア特集『羽生結弦は超えていく』
■羽生結弦 世界選手権レポート
■羽生結弦 グランプリシリーズプレーバック
■宇野昌磨、髙橋大輔、紀平梨花、坂本花織ほか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事